ファクタリング業者って闇金なの?【専門家が徹底解説!】

弁護士に相談すべき悪質ファクタリングの6つの特徴とその対処法

ファクタリング業者がなんか怪しい。どこかへ相談できないかな…」

そんな悩みを抱えている方のため、この記事では悪質ファクタリング業者の特徴をご紹介していきます。
さらに、悪徳ファクタリング業者の被害に巻き込まれてしまった際の対処法もお教えします。

この記事を読んで、あなたが利用しているファクタリング業者が安全かどうかチェックしてみましょう。

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

弁護士に相談したら許さないぞ!」
と脅されていても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを闇金から全力で守ります

\ 受付は9:00~21:00 /

1.ファクタリング業者には闇金がひそんでいる

1.ファクタリング業者のなかには、闇金も潜んでいる

現在あなたが使っている資金調達方法は、以下の2つのうちどちらに当てはまりますか?

売掛金を利用した資金調達の方法
  • 売掛債権を買い取ってもらい、お金を手に入れる
  • 売掛債権を担保にして、お金を借りる
1つ目のように売掛債権を買い取ってもらう方法ファクタリングといいます。

そして2つ目のように売掛債権を担保にする方法は、売掛債権担保融資と呼ばれています。

いずれの方法にも、手数料や利息を偽って詐欺行為をする悪質な業者がひそんでいます。
そういった悪質業者の中に、闇金がひそんでいるのです。

闇金と少しでも関係を持つと時間が経つにつれて取り返しのつかない事態を巻き起こします。
軽い気持ちでファクタリングを利用するのは、危険ですので絶対にやめましょう。

【関連情報】悪質ファクタリングで実際にあった相談事例はこちらファクタリングによる被害の相談事例

2.ファクタリングとは?

そもそもファクタリングとは何のことなのでしょうか?
ここでは、ファクタリングの仕組みや特徴について解説していきます。

ファクタリングとは、「専門の業者に売掛債権を買い取ってもらうことで、売掛金が入金される前に債権を現金化する方法」のことを指します。

つまりファクタリングを利用する企業にとっては、売掛金に相当するお金を予定より早く手に入れられるというわけです。

そもそもファクタリングとは?

十分な資金を持っていない中小企業は、ファクタリングを利用すれば資金繰りに苦しまずに済むのです。

利用できるハードルが低いのが特徴

ファクタリング最大の特徴はなんといっても、利用するハードルが低いことです。

というのも、ファクタリングで審査されるのは売掛債権の信用性です。
つまりファクタリングを利用する企業の経営状況は審査に関係ありません。

そのためファクタリングは、他の資金調達方法よりも利用する企業が非常に多いのが特徴です。

ファクタリング利用における注意点

一方で、ファクタリングにはデメリットもいくつか存在します。

まず、当然ながら手数がかかります。
もともと受け取るはずだった売掛金から、手数料を差し引いた額が手元に残るというわけです。

さらなる注意点として、悪徳業者の存在があります。
ファクタリング業は一般的な賃金業者とは異なり営業許可が必要ないため、闇金などの悪徳業者が堂々と営業できてしまいます

ファクタリングにひそむ闇金をはじめとした悪徳業者には十分に気をつけましょう。

3.ファクタリング業者の5つの特徴

これって相談すべき? 悪質ファクタリングの6つの特徴

特徴① 手数料が高額

「資金繰りのためには、手数料がかかるのは仕方ない…

そんな考えで、次々に増えていく手数料から目を背けてはいませんか?

悪質なファクタリング業者は、何かと理由をつけて手数料を取ってきます
実際、100万円の債権を買い取ってもらうのに50万円の手数料を取られてしまったケースもあります。

特徴② 契約書が用意されない・破棄される

あなたが利用しているファクタリング業者では、契約書を用意されましたか
相手によっては契約書が渡されない契約書の破棄を指示されていることがよくあります。

こういった場合、相手のファクタリング業者が闇金である可能性は極めて高いでしょう。

契約を証明するための文書を残さないのは、契約内容がやましいからです。
もしくは、契約内容を守るつもりがないからであると考えられます。

闇金は法律や契約内容を無視してでも、利用者からお金を巻き上げます。
契約書や記録を消し去ることで犯罪の足跡を隠し、逃げ道を作っておくのです。

特徴③ 金利が異常に高い

あなたの借金の利息がいくらになるか計算したことはありますか?

そもそもお金を貸し借りするときの利息の上限は、利息制限法という法律で定められています。
売掛金を担保にした借金でも利息制限法が適用されます。
参考 利息制限法http://www.e-gov.go.jp/ 算出した利息額が、利息制限法の上限を超えていたら、そのファクタリング業者は闇金です

特徴④ 取り立てがしつこい

貸金業者から取り立てされてはいませんか?
もし取り立て方が異常だと感じたら、その業者が闇金ではないか真っ先に疑いましょう。

正規の業者が、家に押しかけてきたり、何度も電話を掛けて、取り立てすることは絶対にありません

しかし先程も説明したように、ファクタリング業者を装った闇金は、当たり前のように法律を無視します。
しつこい取り立てだけでなく、嫌がらせさえ平気でするのです。

特徴⑤ 債権譲渡通知のサインを求められる

相手の業者から、債権譲渡通知のサインを要求されていませんか?

もし債権譲渡通知のサインを要求されたなら、相手が悪質なファクタリング業者であると考えて問題ないでしょう。

そもそも、あなたが売掛金を買い取ってもらう場合、債権譲渡通知は債権者であるあなたが用意しなければなりません
相手の業者から債権譲渡通知が届くこと自体がおかしいのです。

どんな書類であっても安易にサインをするのは、絶対にやめましょう。

4.ファクタリング業者への対処法

悪質なファクタリング業者への対処法は?
上記の5つの特徴に心当たりがある場合、その業者は違法貸金業者の闇金の可能性があります。

ではこの場合、どのように対処して解決を目指せばいいのでしょうか?

ファクタリング業者で困ったら法律の専門家へ

悪徳ファクタリング業者でお困りの方は、ファクタリングの案件に精通している弁護士に相談されることをオススメします。。

まずは、あなたが利用している業者が闇金かどうかを弁護士に見てもらいましょう。
もし相手が闇金だと分かったら、引き続き弁護士の力を借りながら問題を解決させていきましょう。

【関連情報】闇金のお悩みで弁護士をお探しの方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

まとめ:ファクタリング業者は闇金

まとめ

  • ファクタリング業者のなかには闇金がひそんでいる
  • 悪質ファクタリングのことなら弁護士に相談しよう
  • 少しでも闇金と疑われる場合には、弁護士の無料相談もオススメ

きっと最初は、あまり深く考えず軽い気持ちで、ファクタリング業者を選んでしまったかと思います。
会社の資金のことで頭がいっぱいだったのでしょう。

実際、こうした流れでトラブルに巻き込まれる方は少なくありません。

相手が闇金だったとしても決して慌てることはありません。
まずは落ち着いて、なるべく早く弁護士に話を聞いてもらうことをオススメします。
弁護士のなかには無料相談を受け付けている事務所も多いので、事態が悪化する前に対処をしていきましょう。

シン・イストワール法律事務所でも、ファクタリングなどの闇金被害の相談は無料です。
闇金対応の実績も豊富ですので、安心してご相談ください。

電話、メールでの無料相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。