【闇金でお困りの方必見!】債務整理とは?メリットやデメリットをご紹介

「闇金のせいでお金を返せなくて困っている」
「債務整理をしたら借金がなくなるって本当?」

借金でお困りの方なら一度は「債務整理」という言葉を聞いたことがあるはずです。

ではこの債務整理とはいったいどんな意味を持つのでしょうか?
債務整理は安全なのでしょうか?

今回は闇金のせいでお金に困っているあなたに向けて、債務整理とは何なのか?4つの手続方法を例に有名弁護士が徹底解説いたします

記事読んで、あなたが取るべき最善の策を選択しましょう。

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを全力でお守りします

\ 受付は9:00~21:00 /

1.債務整理とは

1.債務整理とは

借金で困っている人を救済する制度

債務整理とは法的な手続きによって借金を減らしたり、返済期限を延長してもらうことで借金生活で困っている人を救済する制度です。

債務整理には主に4つの手続方法があります。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

借金のタイプや被害ケースによって手続きの手段は分かれます。
場合によっては債務整理しなくてもいいケースもありますので弁護士などに相談するのが一般的です。

債務整理は一見画期的な制度にも見えますが、デメリットも多いので専門家と相談しながら判断することが大切です。

2.過払い金請求とは

2.過払い金請求とは

最近CMや広告で頻繁に目にする「過払い金」とは一体なんのことでしょうか?

賃金業者などに、本来払う必要のないお金を払ってしまったお金過払い金といいます。
過払い金請求とは、その払いすぎた過払い金を計算して返してもらうように要求する手続きのことをいいます。

基本的に過払い請求は得はあっても損はありません
心当たりのある方は弁護士などに相談されることをオススメします。

ではそもそもなぜ過払い金なるものが発生するのでしょうか?

過払い金が発生する理由

賃金業者がお金を貸し付ける時に定める利息の上限利率は利息制限法出資法の2つの法律で定められています。

現在はどちらも年利20%が上限と決められています。
ですが2010年6月の法改正までは利息制限法の上限金利は20%なのに対して、出資法の上限金利は29%でした。

そのため多くの賃金業者はグレーゾーンである年利20~29%の利息で貸し付けを行っていたのです。

ですが法改正によって20%よりも高い利息は違法行為となりました。
そのため2010年6月よりも前に20%以上の金利で借り入れしたことのある人は過払い金請求が出来るようになったのです。

こんな人におすすめ
  • とりあえずお金が欲しい!
  • 2010年よりも前に賃金業者からお金を借りたことがある!

3.任意整理とは

3.任意整理とは

借金の減額

任意整理とは弁護士や司法書士が債権者と交渉することで、利息のカットや分割返済といった和解を申し入れて支払いを楽にする手続きのことをいいます。

ちなみに、この任意整理は債務整理の中でもっとも頻繁に利用される手続きといわれています。

任意整理のメリット・デメリット

メリット
  • 借金を減額できる
  • 手続きがカンタン
  • 取り立てがすべてなくなる
デメリット
  • 一定期間クレジットカードやローンが利用できなくなる

他の債務整理とは異なり、裁判所を通す必要がないのでスムーズに交渉をすすめることができます。

任意整理中に過払い金が発覚することもあるのでまとめて債務整理できるというメリットもあります。

相手が闇金でも大丈夫

「闇金は交渉に応じてくれるの?」
「仕返しされそうで怖い」

そういった不安も心配要りません。
元金の減額はケースによって困難な場合もありますが、利息の減額ならほとんどの業者は受け入れてくれます

仕返しについても心配要りません。
弁護士や司法書士はいざとなったら闇金を法的に訴えることができます。

もし訴えられれば逮捕されるリスクも十分出てきます。
それを恐れている闇金はむやみに反抗できないのです。

こんな人におすすめ
  • 裁判所を通さずにささっと債務整理をしたい
  • 闇金に復習されたくない

4.個人再生とは

4.個人再生とは

借金の大幅減額

個人再生とは任意整理よりも状況が深刻自己破産よりも状況がマシな場合に用いられます。

具体的には、借金を大幅減額してもらい、残りを3〜5年で返済することを裁判所に申請する手続きです。
条件として借金総額が5000万円以内の人が利用できます。

個人再生のメリット・デメリット

メリット
  • 借金を大幅に減額できる
  • 資産を手放す必要がない
  • 取り立てがすべてなくなる
デメリット
  • 一定期間クレジットカードやローンが利用できなくなる
  • 官報に個人情報が掲載される

官報に個人情報が載ると、闇金のターゲットにされて、しつこい勧誘を受けることがあるので注意が必要です。

こんな人におすすめ
  • 裁判所を通さずにささっと債務整理をしたい
  • 闇金に復習されたくない

5.自己破産とは

5.自己破産とは

借金を全額免除

自己破産は任意整理や個人再生より状況が深刻な場合に用いられます。

自己破産とは裁判所に申請をすることですべての借金を免除することができます。
もちろん賃金業者の取り立てや嫌がらせもストップとなります。

借金を免除できるという大きなメリットがある一方で様々なデメリットも伴います。

自己破産のメリット・デメリット

メリット
  • 借金がすべて免除される
  • 取り立てがすべてなくなる
デメリット
  • 一定期間クレジットカードやローンが利用できなくなる
  • 官報に個人情報が掲載される
  • 特定の仕事に就職できなくなる
  • 資産を没収される

こちらに関しても官報に個人情報が掲載されるので闇金などからの勧誘には気をつけましょう

資産を没収とありますが最低限の資産は保護されます。
具体的には

  • 99万円以下の現金
  • 20万円以下の預貯金
  • その他生活必需品

などが定められています。

こんな人におすすめ
  • 借金が多すぎてとても返済できない
  • 取り立てがきつすぎて毎日耐えられない

6.闇金被害で債務整理はアリ?

6.闇金被害で債務整理はアリ?

闇金でお困りのあなたは

「自己破産は怖いけど任意整理はやってみようかな?」
「任意整理じゃ物足りないから個人再生をお願いしようかな」

そんな考えをお持ちではありませんか?
ですがこういった考えは非常に危険です。

債務整理を利用すれば、借金が減るとは言えかなりの損失をくらってしまいます
債務整理はなるべくしないほうがいい手続きなのです。

闇金から借りたお金は返さなくていい

「そんなこと言ったって、闇金に返済できないからしょうがない」

そんなみなさんに朗報です。

実は闇金から借りたお金に返済義務は無いのです。

というのも、闇金は数々の法律を破っている違法賃金業者です。
具体的には
・法定利息を上回る違法な利率設定
・賃金業登録をせずに営業
・違法な取り立て行為
といった風に数々の法律を犯しています。

そして日本の民法では違法な条件での貸し付けについて以下のように定めています。

第708条【不法原因給付】

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。(金融庁公式HPより引用)

つまり「違法な条件で貸し付けたお金を取り立てることはできない」闇金から借りたお金に返済義務はないということになります。

債務整理をしてデメリットを背負う必要はないのです。

弁護士に相談しよう

いくら闇金に返済しなくていいからといって、放置したり無視してはいけません

正しい対処法としては法律の専門家である弁護士に相談することをオススメします。

弁護士に相談すれば闇金からの借金がゼロになるだけでなく取り立てや嫌がらせが最短即日でストップします。

ただここで注意していただきたいのは弁護士なら誰でもいいわけではありません。
同じ弁護士でも、闇金解決の実績が豊富な弁護士に相談しましょう。

まとめ

まとめ

  • 債務整理は借金を減らせる一方でリスクも大きい
  • 闇金から借りたお金には返済義務がない
  • 闇金被害の相談は弁護士がオススメ!

もし闇金からの借金を債務整理で解決しようと考えているなら、考えを改めましょう。
債務整理をしなくても、もっとカンタンに闇金問題は解決できます

もし闇金からの借金や取り立てで悩みを抱えているのであれば、まずは弁護士に相談をしましょう

闇金業者も弁護士には弱く、弁護士に介入してもらうだけであっさり取り立てがなくなったというようなケースもあります。
法律の専門家の力を借りて、いち早く安らかな生活を取り戻しましょう。

シン・イストワール法律事務所では、電話・メールでの無料相談を受け付けております。
「相談したいけどお金がない」
そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。