闇金の手口

自動車金融とは?闇金?手口や危険性を解説

更新日:

  • 本記事の監修弁護士
弁護士 髙橋 芳彦 シン・イストワール法律事務所

監修者

弁護士 蒲谷 博昭

弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所代表弁護士。第二東京弁護士会所属。
注力分野:債務整理(自己破産・過払い金・闇金・ファクタリング)・養育費回収など

「自動車金融ってなに?闇金なの?具体的な手口や危険性を詳しく知りたい!」

今回はこういった疑問を解決していきます。

車を担保にお金を借りられる融資方法を「自動車金融」といいますが、その中には悪質な手口を使う危険な違法業者が潜んでいます。

そこで今回はそもそも自動車金融とはなんなのか?違法性や危険業者の特徴、被害にあった時の対処法といったテーマについて詳しく解説していきます。

自動車金融を利用しようか迷っている方、既に契約してしまった人は必見です!

今回のテーマ

  1. 自動車金融とは
  2. 自動車金融の取引の流れ
  3. 自動車金融は違法なのか
  4. 自動車金融の危険性
  5. 自動車金融被害の対処法
自動車金融でお悩みなら
シン・イストワール法律事務所へ
今すぐ無料相談

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても安心してご相談ください。
シン・イストワール法律事務所があなたを闇金から全力で守ります

シン・イストワール法律事務所 第二東京弁護士会所属 蒲谷 博昭

無料相談0120-501-019

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00

 

シン・イストワール法律事務所がお届けする闇金問題、養育費回収の情報サイト「リーガルクリップ」

当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、情報を定期的に発信しております。
まずは無料相談をご利用ください。
当事務所では「時代を先取りし、新たなリーガルサービスを開拓する」という信念の元、現代社会で放置されている様々な社会問題に光を当て、困っている方々の再建に協力したり、あるべき利益の回復に助力したりして、社会に貢献したいと考えています。
私たちがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。
シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。
「闇金問題」「養育費回収問題」でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

事務所名:弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所
所属弁護士会:第二東京弁護士会
代表弁護士:蒲谷 博昭(かまや ひろあき)第二東京弁護士会所属
電話番号:0120-501-019
注力分野:債務整理(任意整理・自己破産・個人再生・過払金・闇金被害問題・法人向けファクタリング・給料ファクタリング)・養育費回収・B型肝炎訴訟
所在地:〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階

自動車金融とは

「車乗ったまま融資」「車で融資」と書かれたポスターやチラシを電柱や駐車場で見かけたことがありませんか?

それらは、車を担保にお金を借りられる「自動車金融」の広告です。

審査が比較的簡単で、気軽に借りられるメリットに惹かれるかもしれませんが、融資が少額だったり、実は正体が闇金だったなどの危険性が潜んでいます。

この記事では、自動車金融の定義や手口から対処法まで詳しく解説しています。

悪徳業者を利用して被害にあわないために、しっかりと理解していきましょう。

自動車金融とは

自動車金融とは、担保にする車の価値を査定して、見合った金額を融資する仕組みのことです。

「車金融」「自動車担保ローン」「自動車担保融資」とも呼ばれます。

自動車金融のメリットは、「融資条件が比較的緩い」「融資スピードが早い」の主に2つです。

もし利用者が返済しなくても、自動車金融業者は担保の車を売却すれば、債権を回収できるため、支払い能力の審査は厳しくありません。

また、他の融資よりも審査が簡潔なので、スピーディーにお金を借りられます。

そのため、過去に借金の滞納や債務整理をしたことがある人、すぐにお金が必要な人が利用している現状です。

ただし、「借用額が少ない」「金利が高い」「闇金がかかわっている可能性がある」というデメリットも覚えておきましょう。

かなりの高級車や人気車でない限り、融資額は期待した額ほど高くなりません。

また、一般的なカードローンの年利1%~10%と比べると、自動車金融は年利10%~20%で非常に高いといえます。

もし闇金が運営している自動車金融の場合、金利のほかに、手数料やリース料、保管料と称してお金を請求してくるケースがあります。

これらの諸費用を金利として換算すると、実質的に法定利率を超えてしまうのです。

闇金がかかわっている場合、金利だけでなく、取り立てや付きまといなどの恐れもありますね。

これらのデメリットを考慮して、自動車金融は利用しないことをおすすめします。

自動車金融の利益の仕組み

自動車金融には「預かり方式」「乗ったまま方式」2つの融資方法があります。

「預かり方式」は、担保の車を自動車金融業者に預ける方式のことです。

担保の車を業者が保管するため、利用者が借金を踏み倒すリスクが低くなり、その分「乗ったまま方式」と比べて、融資金額が高くなる特徴があります。

業者によっては、車の保管料を金利や手数料とは別に請求されるため、事前に確認しておきましょう。

「乗ったまま方式」は、融資を受けている間も車を使用できる方式のことです。

融資前と変わらず車を運転しながら生活ができるメリットがありますが、「預かり方式」と比べて、融資額が少なかったり、返済の負担が大きいというデメリットもあります。

返済の負担とは、リース代の支払いのことです。

一般的に自動車金融では、融資の契約時に車の名義を利用者から業者に変更する手続きがとられます。

「乗ったまま方式」の場合、名義変更の後、利用者はリース(業者から利用者へ担保の車が貸し出されている状態)して乗り続けることになります。

担保の車の貸出料、つまりリース代が業者への返済に上乗せされるのです。

それぞれの特徴を表にまとめると以下の通り。

方式 預かり方式 乗ったまま方式
特徴 担保の車を自動車金融業者に預ける方式。質屋と同じ仕組み。 融資を受け散る間も車を利用できる方式。契約中は車の名義を変更する。
融資金額 高い 低い
車の運転 できない できる
支払うお金 金利、手数料、管理費・維持費 金利、手数料、リース代、名義変更料、車検証の不携帯等による罰金
返済が間に合わない場合 車は売却される 業者に回収される

ここまで、自動車金融の2つの融資方法について説明してきましたが、自動車金融がどのように利益を上げているか見抜けましたか?

実は、自動車金融は、車の保管料やリース代で利益を上げているのです。

金利や手数料のほかに、手続きの要所要所で費用を請求することで、自動車金融は売り上げを出しています。

闇金がかかわる悪徳業者の場合、手数料などの諸費用を金利に換算すると、法外に高い比率になるでしょう。

さきほど「借用額が少ない」とデメリットとして説明しましたが、リース代など返済に上乗せされる費用も考えると「借用額は少ないのに、返済額は大きい」といえます。

>> 闇金や借金のトラブルを弁護士に"無料"で相談する

自動車金融の取引の流れ

ここからは、自動車金融を利用する際の取引の流れについて具体的に解説していきます。

自動車金融の取引の流れ

  • 仮審査
  • 本審査
  • 車検証の名義を業者に変更してお金を受け取る
  • 返済が完了したら車を返してもらう

それでは順番に解説していきます。

手順① 仮審査

自動車金融を利用する場合、すぐお店には行かずに、まず電話やメールで仮審査を行うのが一般的です。

業者は融資が可能か、融資金額は大体いくらかを以下のような情報をもとに判断します。

業者が参考にする情報

  • 名前
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 車のメーカー
  • 車種
  • 形式
  • 排気量
  • ミッション
  • 年式
  • 走行距離
  • ローンを完済しているか
  • 事故歴

出典:融資査定お申し込み:車金融フューチャーより

求められる情報は車金融によって異なりますのでご注意ください。

手順② 本審査

本審査では、利用者の審査と車の査定をして、融資の可否や融資の詳細を最終的に決定します。

査定は、利用者が車で来店するパターンと、業者が出張査定を行うパターンが一般的です。

正規の自動車金融を例に、審査に必要な書類を見てみましょう。

個人名義の場合 法人名義の場合
車検証 車検証
自賠責保険証 自賠責保険証
印鑑証明書 2通 法人の印鑑証明書 2通
代表者個人の印鑑証明書 1通
住民票 1通
(住所変更がある場合)
履歴証明書 1通
(変更がある場合)
身分証明書
(運転免許証・パスポートなど)
身分証明書
(運転免許証・パスポートなど)
実印 法人の実印
代表者個人の実印
収入を証明できる物
・源泉徴収票 ・直近の給与明細
・青色申告書の写し(自営業)など
直近の決算書の写し

出典:[車金融] 車でお金・車で融資のことなら車金融ナルトより

これらの書類を元に、審査で確認されるのは、以下の2点にまとめられます。

年収と他社からの借り入れ状況

貸金業法では「年収の3分の1を超える貸し付けを禁止」する総量規制が定められています。そのため、利用者の年収と他社からの借り入れ状況から、法的に融資可能かを判断する必要があります。

総量規制とは
総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。

この新しい規制は、平成22年6月18日から実施されています。

具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなります。ただし、すでに、年収の3分の1を超える借入残高があるからといって、その超えている部分についてすぐに返済を求められるわけではありません。

出典:貸金業法のキホン:金融庁より

総量規制の詳細については金融庁公式サイト貸金業法Q&Aをご覧ください。

勤務先の在籍確認

利用者が申告した年収が事実かどうか確認するために行われます。

業者によって確認方法は異なりますが、職場へ連絡して確認をとるケースもあります。

手順③ 車検証の名義を業者に変更してお金を受け取る

融資可能と判断されたあと、車検証の名義を業者に変更し、正式に車の持ち主が業者に移ります

預かり方式では、車を業者に預けて、お金を受け取ります。

乗ったまま方式では、車のリース契約を結び、そのあとお金を受け取ることができます。

手順④ 返済が完了したら車を返してもらう

返済が完了したら、車検証の名義を利用者に戻します

預かり方式では、業者で保管されていた車が利用者のもとに返却され、元通りの生活です。

>> 闇金や借金のトラブルを弁護士に"無料"で相談する

解決件数は10,000件以上!!
あなたの抱える自動車金融問題を速攻解決

電話で無料相談する
0120-501-019

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00


無料メール相談をご利用の方はコチラ↓

メールで無料相談する
24時間365日相談受付中

自動車金融は違法なのか

ここまでの説明で、かなり自動車金融について詳しくなったことと思います。

ここからは、自動車金融を法的な観点から解説していきます。

違法業者も合法業者もいる

結論から言うと、車を担保にして融資をするシステム自体は合法です。

自動車金融の仕組みは質屋とほぼ同じで、担保(質草)が車に限定されている点だけが異なります。

しかし、自動車金融には、適切に融資を行う合法業者と、高額な手数料や諸費用で儲けようとする悪徳な違法業者、どちらも存在しているのが事実です。

悪徳業者かどうかを見抜くのは非常に難しいので、安易な利用はおすすめできません。

>> 闇金や借金のトラブルを弁護士に"無料"で相談する

自動車金融の危険性

ここまで、自動車金融の特徴や取引について説明してきました。

「ブラック状態の人でも借りられる」などのメリットを魅力的に感じている方もいらっしゃると思います。

ここからは、メリットの裏に隠れた危険性について詳しく解説していきます。

自動車金融のリスクも理解し、悪徳業者の被害を未然に防ぎましょう。

返済が遅れたら車を売却される

「預かり方式」では、自動車金融への返済が間に合わなかった場合、担保にしていた自動車は売却されてしまいます。

優良業者なら、返済まである程度の猶予期間を設けてくれることもありますが、大抵の業者はすぐに売却してしまうと考えておきましょう。

「乗ったまま方式」の場合も同様で、返済が間に合わなければ、業者によって車を回収されてしまいます。

自分の車を確実に取り戻すためにも、返済期限はしっかり守るようにしましょう。

車検証がないと罰金を支払うことに

車検証の携帯は道路運送車両法で義務付けられており、違反した場合「50万円以下の罰金刑」となります。

第六十六条
自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

参照元:e-GOV 法令検索 道路運送車両法

ちなみに「検査標章」とは、いわゆる「車検シール」のことで、運転の際は車検証と車検シール、両方の携帯が義務付けられています。

自動車金融が車検証を預かったり、コピーを利用者に渡したりする場合がありますが、原本を携帯しなければ法律違反です。

「乗ったまま方式」で車検証の不携帯が警察に発覚した場合、利用者自身が法律違反となります。

自動車金融を利用する際は、車検証を預からない業者かどうかは大事なチェックポイントと言えるでしょう。

保険証、自動車税は利用者が支払う

自動車金融を利用する際は、車の名義を業者に変更しますが、自動車税や重量税、任意保険などの維持費は利用者が支払いを続けるのが一般的です。

車の維持費は他にも以下の料金があります。

自動車の維持費の例

  • 燃料代
  • 駐車場代
  • 高速料金
  • 保険(自賠責/任意)
  • 税金(自動車税/軽自動車税/重量税)
  • 車検代
  • オイル・エレメント代
  • タイヤ代
  • 修理代

出典:新車・中古車のネクステージより

想像以上に多くの維持費がかかることが分かります。

自動車金融への返済に加えて、税金や維持費の支払いが利用者にとって負担となり、返済が間に合わず、結果的に担保の車が売却されてしまうケースが多くあります。

自動車金融業者への支払いだけでなく、税金などの諸費用が隠れていることに注意しましょう。

>> 闇金や借金のトラブルを弁護士に"無料"で相談する

自動車金融被害の対処法

ここまで、自動車金融の特徴や危険性について十分に理解できたでしょうか。

最後に、実際に自動車金融の被害にあったときの対処法について説明していきます。

いま被害に悩んでいる方は、ここからの説明を参考に、適切な対処をしていきましょう。

自働車金融業者の情報をしっかり押さえておく

「悪徳な自動車金融かもしれない」と感じたら、すぐに自動車金融業者の情報を押さえておきましょう。

チェックすべき点は以下を参考にしてください。

  • 業者の会社
  • 業者の電話番号、メールアドレス
  • 事務所の所在地
  • 貸金業登録の有無
  • スクリーンショットなど(メッセージでやり取りをした場合)

自動車金融の情報は、トラブルや詐欺の際、弁護士などの専門家に相談したときに証拠として機能します。

詳しければ詳しいほど、解決が素早く適切に行われるため、できるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。

利息が法定利率を上回っていないか確かめる

自動車金融業者の情報を押さえたら、保管料、リース代などの諸費用が、融資額に対して何パーセントになるのかを計算してみてください。

名目を問わず、出資法で定められた利率の範囲を超えるような利息をとることは違法です。

諸費用が出資法の利率を超えている場合、闇金の可能性があります。

ほかに「契約書を交付しない」「法外な担保を要求してくる」など、違法性が疑わるようなポイントも確認しておきましょう。

弁護士に相談

これらの情報を集めたら、弁護士に相談しましょう。

法律の専門家に相談することで、解決の選択肢が増え、スピーディーな解決が期待できます。

弁護士に相談すると費用がかかる…

このように弁護士への依頼をためらっている方も、最近では料金の後払い・分割払いに対応している法律事務所も増えているため、弁護士のサポートを利用するのも1つの手段として覚えておきましょう。

費用などの不安も含めて、まずは弁護士に相談してみるのがおすすめです。

>> 闇金や借金のトラブルを弁護士に"無料"で相談する

まとめ:自動車金融とは?闇金?手口や危険性を解説

  • 自動車金融とは、担保にする車の価値を査定して、見合った金額を融資する仕組みで「車金融」「自動車担保ローン」「自動車担保融資」とも呼ばれる
  • 自動車金融には「借用額が少ない」「金利が高い」「闇金がかかわっている可能性がある」というデメリットがある
  • 車を担保にして融資をするシステム自体は合法だが、一部違法業者も混ざっている
  • 違法業者か見抜くためにも、相手業者の情報をしっかりチェックしよう
  • 自動車金融を始めとした借金や闇金トラブルで困ったら弁護士に相談するのがおすすめ

今回はそもそも自動車金融とはなんなのか?違法性や危険業者の特徴、被害にあった時の対処法についてご紹介しました。

自動車金融とは「質屋の車バージョン」のようなもので、仕組み自体は合法です。

ただ、その中に紛れて違法行為や悪質な手口をおこなう業者(闇金)がいるのも事実です。

利用する前に、相手業者の情報や危険性についてしっかり調査して、被害を未然に防ぎましょう。

また、万が一闇金を利用してしまった時は弁護士に相談することでスムーズに問題を解決することができます

相談には相当お金が掛かるのではないのか、またきちんと相談に乗ってくれるのだろうかと気になっている人もいるかもしれません。

弁護士依頼にはもちろん費用は掛かりますが闇金に返済を続けるよりもずっと安い金額で済みます

シン・イストワール法律事務所は、これまでに10,000件以上の闇金問題を解決してまいりました。

闇金問題のノウハウや経験が豊富なシン・イストワールへ、まずはお気軽にご相談ください。

今なら電話・メールでの無料相談を受け付けております。

私達と一緒に闇金問題を解決させましょう!!

弁護士相談料は無料

  • 監修専門家情報

シン・イストワール法律事務所がお届けする闇金問題、養育費回収の情報サイト「リーガルクリップ」

当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、情報を定期的に発信しております。
まずは無料相談をご利用ください。
当事務所では「時代を先取りし、新たなリーガルサービスを開拓する」という信念の元、現代社会で放置されている様々な社会問題に光を当て、困っている方々の再建に協力したり、あるべき利益の回復に助力したりして、社会に貢献したいと考えています。
私たちがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。
シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。
「闇金問題」「養育費回収問題」でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

事務所名:弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所
所属弁護士会:第二東京弁護士会
代表弁護士:蒲谷 博昭(かまや ひろあき)第二東京弁護士会所属
電話番号:0120-501-019
注力分野:債務整理(任意整理・自己破産・個人再生・過払金・闇金被害問題・法人向けファクタリング・給料ファクタリング)・養育費回収・B型肝炎訴訟
所在地:〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階

-闇金の手口
-

© 2022 シン・イストワール法律事務所がお届けする情報サイト【リーガルクリップ】