解決方法

闇金に裸の写真を送ってしまったときの対処法

闇金に裸の写真を送ってしまったときの対処法

「闇金に裸の写真を要求されたので送ってしまった」
「送った写真が何に使われるのか分からなくて怖い」

あなたの裸の写真を闇金に送ることは非常に危険です。
裸写真の拡散をネタに、取り立てされたり余分な借金返済を要求されたりする危険があるからです。

もし写真をネット上に公開されてしまえば、削除することは難しいでしょう。

ですから、写真を公開される前になんとしても問題を解決しなくてはなりません。

そこで今回は、裸の写真を闇金に送ることの危険性や対処法について解説していきます。

現在闇金利用中の方や、すでに裸の写真を送ってしまった方は必見です!

今回のテーマ

  1. 裸の写真を送る危険性
  2. 実際に裸の写真を送ってしまった方の被害事例
  3. 闇金に裸の写真を送ってしまったときの対処法
闇金でお悩みなら
弁護士法人シン・イストワールへ
今すぐ無料相談

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても安心してご相談ください。
弁護士法人シン・イストワール法律事務所があなたを全力でお守りします

1. 闇金に裸の写真を送る危険性

1. 闇金に裸の写真を送る危険性

では闇金に裸の写真を送るとどのような危険があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

契約時に保険として裸写真を撮られる

基本的に債務者の裸画像は、契約の保険として撮影されます。

闇金は裸画像という弱みを握ることで、借り逃げや夜逃げといった被害を対策しているのです。

「いくらお金を貸してほしいからと言って裸の写真を撮る人なんているの?」

そう思う方もいらっしゃることでしょう。

ですが本当にお金に困っている方は、とにかく1円でも多くのお金を用意しなくてはならないので裸の写真を送るしかないのです。

闇金に裸写真をネット上に拡散される

もしも闇金に裸の写真を送ってしまった場合、写真をネット上に拡散されるリスクが出てきます。

闇金はSNSや掲示板サイト、アダルトサイトであなたの写真を拡散します。

こういったネットサービスでは世界中の誰でもアクセスできてしまうので、取り返しのつかない事態になるのは言うまでもないでしょう。

ネットに公開された情報を削除することはほぼ不可能に近いため、一生消えない黒歴史が残ることになるでしょう。

闇金に裸写真を職場先や親戚に拡散される

闇金はネット上だけでなく、債務者の周囲の人達にも裸の写真を拡散します。

例としては親戚、職場先、友人などに対してメールやFAXで拡散するのです。

ちなみにメールやFAXには、画像と一緒に督促状が添付されており、代わりに借金を払うように要求する文章が書かれています。

そんな連絡が送られれば、当然人間関係に傷が付くことでしょう。

最悪のケースでは、会社に迷惑だからという理由で仕事をクビになる可能性だってあるのです。

2. 実際に裸の写真を送ってしまった方の被害事例

2. 実際に裸の写真を送ってしまった方の被害事例

続いては実際に闇金を利用して、裸の写真を送ってしまった被害者女性たちの事例をご紹介します。

1. 闇金に裸の写真をネタに脅迫されています

1つ目の事例は投稿者女性が闇金から裸の写真をネタに脅迫されて困っているという相談です。

先月闇金から5万円借りました。

手数料を引かれたので手元に降り込みされたのは18000円でした。
先月末が返済期日でしたが返済できず、今日16500円だけで振り込みました。
すると闇金の方から返済が足りないと言われ、

裸の写真を撮って送ってこいそしたら返済は待ってやる」

と言われたので裸の写真を送ってしまいました。
それからしばらくすると

「ネットやツイッターに、私の住所や裸写真もばらまいてやる」

「子供の学校に電話するぞ」

と言われ、かなり追い込まれています。

裸写真を拡散される前に12万円用意しなくてはなりません。

助けてください。

こちらの業者のやっていることは完全に犯罪です。

電話の音声など被害を裏付ける証拠をもって、警察に相談すれば捜査してくれることでしょう。

あるいは弁護士に相談することで、闇金の行為を禁止させながら縁を切ることができます。

2. 個人間融資に裸の写真を撮られました

2つ目の事例は個人間融資を利用した女性が裸の写真を撮られて困っている事例です。

Twitterで個人間融資を受けてしまいました。

合計12万円借りて、金利が1週間で2万4千円で1ヶ月後に12万円返済しないといけないのですが難しいです。

個人情報を全て教えてしまい、裸の写真も撮られています。
早急に解決したいので相談したいです。

よろしくお願い致します。

こちらのケースは裸の写真を撮られただけで、脅迫はされていません。

ですので被害を裏付ける証拠を用意するのは難しいでしょう。

ですので警察ではなく弁護士に相談することで、闇金からの借金をゼロにして縁を切ることができます。

▼こちらの記事もおすすめです▼

女性が闇金を利用する危険性と対処法をご紹介
女性が闇金を利用する危険性と対処法をご紹介

「女性だけど闇金を利用しても大丈夫かな?」 「女性が闇金を利用すると危険って本当?」 今回はこんな疑問にのお答えしていき ...

続きを見る

解決件数は10,000件以上!!
あなたの抱える闇金問題を速攻解決

電話で無料相談する
0120-501-019

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00


直接話すのは緊張するという方はコチラ↓

メールで無料相談する
24時間365日相談受付中

3. 闇金に裸の写真を送ってしまったときの対処法

3. 闇金に裸の写真を送ってしまったときの対処法

最後に闇金に裸の写真を送ってしまった時の対処法をご紹介していきます。

ベストな対処法は警察 or 弁護士に相談することです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

警察に相談しよう

もしもあなたが闇金から裸の写真を送るように言われた証拠があるなら、警察に提出しましょう。

具体的には「裸の写真を要求されたメッセージ」「脅迫されたときの音声」などを用意すると良いでしょう。

ただし証拠がないと、警察は動いてくれません。

警察に相談する場合は、裸の写真を要求されたことを確実に示す証拠を用意しましょう。

法律の専門家に相談しよう

闇金トラブルで困ったら弁護士への相談がおすすめです。

法律の専門家である弁護士は違法業者である闇金の違法性を正式に指摘することが出来ます。

借金の無効化はもちろん、取り立て行為を即日で停止させることも可能です。

そのため多くの闇金は弁護士のことを非常に恐れており、弁護士が介入通知を知らせただけで取り立てが完全にストップすることもあります。

弁護士費用が気になる方もいるかもしれませんが、心配ご無用!

最近では電話やメールでの無料相談を実施している弁護士も増えてきていますので、資金で困っている方はこうした無料サービスを利用してみましょう。

▼こちらの記事もおすすめです▼

闇金が主婦をターゲットにする理由は?対処法はあるの?
闇金が主婦をターゲットにする理由と対処法

「闇金が主婦をターゲットにするって本当?」 「自分の妻が怪しい業者から借り入れしているけど大丈夫かな?」 最近、主婦の方 ...

続きを見る

まとめ:裸写真を闇金に送ってはいけない!

まとめ:裸写真を闇金に送ってはいけない!

まとめ

  1. 闇金に裸の写真を送ること非常に危険
  2. 裸写真の公開は犯罪
  3. もしも裸の写真を送ってしまったら弁護士に相談しよう

今回は闇金に裸の写真を送る危険性や対処法について徹底解説しました。

違法賃金業者である闇金はどんな恐ろしいことをしてくるか分かりません。
裸写真を送ってしまった方は、慎重に安全に解決していく必要があります。

放置していても被害は拡大するばかりです。
被害が小さい今のうちに、適切な対処法を実践していきましょう。

闇金でお困りの方は、今すぐ弁護士に相談をしましょう
誰かに悩みを打ち明けるだけでも、きっと心が軽くなります。

シン・イストワール法律事務所は、これまでに10,000件以上の闇金問題を解決してまいりました。

闇金問題のノウハウや経験が豊富なシン・イストワールへ、まずはお気軽にご相談ください。

今なら電話・メールでの無料相談を受け付けております。

  • 代表弁護士情報
yamikinstop

弁護士法人シン・イストワール法律事務所がお届けする債権回収情報サイト「リーガルクリップ」

当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、債権回収に関する有効な情報を定期的に発信しております。
まずは無料相談をご利用ください。
当事務所では「時代を先取りし、新たなリーガルサービスを開拓する」という信念の元、現代社会で放置されている様々な社会問題に光を当て、困っている方々の再建に協力したり、あるべき利益の回復に助力したりして、社会に貢献したいと考えています。
私たちがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。
シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。
「闇金問題」「養育費回収問題」でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

事務所名:弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所
所属弁護士会:第二東京弁護士会
弁護士登録番号:No. 53822
代表弁護士:山下 信章(やました のぶあき)第二東京弁護士会所属 青山学院大学法学部卒 千葉大学大学院専門法務研究科修了
電話番号:0120-501-019
注力分野:債務整理・任意整理・自己破産・個人再生・過払金・闇金被害問題・養育費回収・B型肝炎訴訟
所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階

-解決方法

© 2021 弁護士法人シン・イストワール法律事務所がお届けする債権回収情報サイト【リーガルクリップ】