闇金の借金が辛くて自殺を考えているあなたへ

闇金の借金が辛くて自殺を考えているあなたへ

「闇金の取り立てが怖くて生きていけない」
「借金を返せないので死んでしまいたい」

闇金の激しすぎる取り立てや嫌がらせが原因で自殺を考えてはいませんか?

たとえどんな理由があったせよ、あなたが自ら命を落としていい理由はどこにもありません

また残酷なことに、あなたが自殺したとしても借金は完済されること無く、あなたの周囲の人達から回収され続けるでしょう。

そこで今回は闇金の取り立てが辛くて自殺を考えているあなたに、闇金トラブルを解決して平穏な生活を戻すための方法をご紹介します。

「自殺」という大胆な手段を選ぶ前に一度落ち着いて、あなたに合った確実な解決法をゆっくり考えていきましょう。

今回のテーマ
  1. 自殺しても借金が無くならない理由
  2. 自殺をせずに闇金問題を解決する方法
  3. 自殺してはいけない理由
脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを闇金から全力で守ります

\ 受付は9:00~21:00 /

自殺しても闇金の借金は無くならない

自殺しても闇金の借金は無くならない

自殺の動機は様々ですが、もしあなたが「自分が自殺することで返済しよう」と考えているならすぐに止めましょう。

というのもあなたが自殺をしたところで借金が減額されたり帳消しになることはありません

ましてや保険金や担保が下りることは絶対にありません。

闇金から事故や自殺を促されたとしても言いなりにならずに、正しい方法で問題を解決していきましょう。

保険金は下りない

そもそも保険金を意図的に受け取ろうとする行為は禁じられており、それは自殺の場合でも同じことが言えます。

多額の借金を抱えた人が、高額な保険に加入した直後に死亡した場合、保険会社が調査を行います。

調査の結果保険金目的の自殺と判断されれば、保険金は支払われません。

また保険加入時に持病や住所といった個人情報を偽って記入した場合、告知義務違反に該当します。

もし告知義務違反と自殺の間に因果関係があると判断された場合でも保険金が支払われることはありません。

参考 死亡保険金が支払われないときはどんなとき?自殺時はどうなるの?マネードクターナビ

また保険会社と契約書との決まり事を定める「保険法」では自殺者の保険金について以下のように表記されています。

保険法(平成20年法律第56号)
第51条(保険者の免責)
死亡保険契約の保険者は、次に掲げる場合には、保険給付を行う責任を負わない。ただし、第3号に掲げる場合には、被保険者を故意に死亡させた保険金受取人以外の保険金受取人に対する責任については、この限りでない。


被保険者が自殺をしたとき。


保険契約者が被保険者を故意に死亡させたとき(前号に掲げる場合を除く。)。


保険金受取人が被保険者を故意に死亡させたとき(前2号に掲げる場合を除く。)。


戦争その他の変乱によって被保険者が死亡したとき。

電子政府の総合窓口e-Gov / 保険法より

このように自殺者に保険が適用されないことは、法律によって定められているのです。

注意

一般的な保険には1〜3年の免責期間が用意されています。

つまり保険加入から免責期間が経過した後に自殺した場合、保険法の適用外となり、保険金は支払われることになります。

だからといって自殺して良いわけではありません。

自己破産や個人再生といった救済措置も視野に入れておく必要があります。

周囲の人が被害を受けることも

またあなたが自殺することによって、あなたの周囲の人に危害が及ぶことがあります。

闇金にとっては利用者が自ら命を落としてとしても痛くも痒くもありません。

債権回収のため、利用者の友人や家族、親戚などの関係者から取り立てをはじめます

1日に数百回も電話を掛けたり、家に怒鳴り込んだり、暴行を怖得たりと、闇金の取り立てには限度がありません

あなたが自ら命を落として借金地獄から開放されたとしても、今度はあなたの周囲の人達が大きな被害を受けることになるのです。

最悪のケースとして、あなたの家族がホームレスになったり自殺する可能性だってあるのです。

自殺せずに闇金問題を解決する方法

自殺せずに闇金問題を解決する方法

では膨大な借金を抱えていて闇金からしつこい取り立てをされているような状況の中、自殺をせずに闇金問題を解決する方法をご紹介します。

闇金からの借金に返済義務はない

まず皆さんに知っていただきたいのは
「闇金からの借金に返済義務は生じない」
ということです。

闇金は賃金業法や利息制限法など様々な法律を違反している違法賃金業者です。
そして民法では違法な条件で貸付されたお金に返済義務は発生しないと定められています。

よって闇金には返済する必要はありません。

かといってそんな言い分が闇金に通用するはずもありません。

そこで登場するのが法律の専門家である弁護士です。

【闇金トラブル】どうして弁護士に相談すべきなの?【闇金相談は弁護士事務所へ!】弁護士に相談するメリットとは?

弁護士に相談しよう

闇金問題で困ったら弁護士に相談しましょう。

法律の専門家である弁護士は闇金の違法性を法的に指摘することが出来ます。

そのため闇金からの借金をゼロにするだけでなく取り立てや嫌がらせを即日ストップすることができるのです。

また弁護士なら任意整理や個人再生、自己破産といった債務整理の手続きを取ることが出来ます。
債務整理の手続をとれば、借金を減額・ゼロにすることができます。

弁護士は闇金問題を解決するための手法をたくさん知っています
借金で困ったら弁護士に相談しましょう。

最近の弁護士は電話やメールでの無料相談を受け付けています。
資金に余裕のない方はそうしたサービスを利用してみるのも良いでしょう。

債務整理に関する詳細は以下の記事をご覧ください。

【闇金でお困りの方必見!】債務整理とは?メリットやデメリットをご紹介

自殺してはいけない理由

自殺してはいけない理由

最後に自殺してはいけない理由についてご説明したいと思います。

「自分の命なんだから自分で終わらせてもいいじゃないか」

その通りです。
あなたの命をどう使うかはあなたに選択権があります。

自殺が「いけない」ことを証明できる論拠はどこにもありません。

ですがもしあなたが、借金が辛くて命を絶とうとしているならその行為は絶対に間違っています。

この幸せ溢れる日本に生きている限り、あなたの抱える借金問題は絶対に解決できます

それも1つや2つではなく、実に無数の解決方法があります。

それほどたくさんの解決方法があるにも関わらず、それらを知らないがために自ら命を絶つのは本当にもったいないことです。

世の中には借金地獄から立ち直って成功を収めた努力家たちがたくさんいます。
同様に、あなたにも地獄から抜け出して平穏な日々を過ごすチャンスは十分にあることを忘れてはいけません。

参考 実録!20代で400万円の借金を作り、どん底人生を味わった男の這い上がり人生とはファイナンシャルフィールド 参考 銀行員が借金1000万円に堕ちて這い上がる話〜完済しましたnote

まとめ:闇金の借金で自殺してはいけない

まとめ

  1. 自殺しても借金は減らないし無くならない
  2. 闇金からの借金に返済義務はない
  3. 闇金トラブルで困ったら弁護士に相談しよう

あなたが自殺を選んだとしても現状は何も変わりません。

自殺しなくても借金を無くすことは出来ますし、平穏な生活を取り戻すことも難しくありません。

被害が拡大する前にできるだけ早く、解決に向けて行動していくことが大切です。

闇金でお困りの方は、今すぐ弁護士に相談をしましょう
誰かに悩みを打ち明けるだけでも、きっと心が軽くなります。

シン・イストワール法律事務所は、これまでに数多くの闇金問題を解決してまいりました。

闇金問題のノウハウや経験が豊富なシン・イストワールへ、まずはお気軽にご相談ください。

今なら電話・メールでの無料相談を受け付けております。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。