【闇金から被害を受けたら必見!】トラブルを相談すべきはあの専門家だった

この記事は 7 で読めます

弁護士法人イストワール法律事務所
監修記事

あなたも闇金の被害者かも?闇金被害にあったらどうしたらいい?闇金被害の対応策をすべて教えます。

「闇金の取り立てがひどく、周りに被害が出てしまった。」
「闇金が嫌がらせをしてきて、精神的につらい…」
そんなあなたへ。
闇金との問題を解決するには
「どこに」相談するのか?
「誰に」解決を依頼するのか?
ということが、非常に重要となります。
この記事では、

  • 闇金被害の概要
  • 闇金からの被害を受けたときの6つの対応方法
  • 弁護士に相談すべき3つの理由
を説明しています。
闇金と長年戦い、多くの事例をみてきた弁護士だからこそ伝えられる、闇金問題で最善の解決方法をご提案します。

1.闇金の被害とは?

闇金被害とは?
まずはじめに、一つ確実に申し上げおきたいことがあります。
それは、闇金からの借金は、一切返済する必要がない!という事実です。

そもそも闇金とは

国や都道府県に貸金業としての登録を行わず違法な高金利を取りながら、悪質な手口で利用者から金銭の回収をおこなう業者のことです。
闇金の行っていることは詐欺行為であり、非常に多くの被害者が出ています。

闇金は、こんな違法行為をしています!
  • 賃金業者として無登録での営業
  • 年利20%を超える法外な高金利
  • 正当な理由のない夜間の取り立て
  • 勤務先など居宅以外への電話や訪問
しかし実は、闇金は貸付をすること自体が違法です。
したがって、高い利息はもちろん、借りたお金(元金)それ自体も一切返済する必要がないのです。

【注】闇金のお悩みで弁護士をお探しの方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

闇金の被害に遭っている方へ

いま過酷な取り立てを受けながらも、その恐怖心実際お金を借りている負い目もあって返済を続けているというあなた。
もう支払いを続ける必要はありません
このまま返済を続けたとしても借金は増えていくでしょうし、結局はさらに追い込まれていってしまいます。

よくある闇金被害の例
  • 脅迫じみた催促電話がかかってくる
  • 家族・身内への催促がくる
  • 職場や学校にも催促の電話がくる
  • 法外の金利(年上限金利は20%)をかけられる
  • 返済をさせてもらえない
  • 大量の出前が届く
  • タクシーや運転代行業者を呼ばれる
  • 救急車や消防車を呼ばれる
  • 脅迫めいた電報やFAXを送りつけられる
  • 会社の金を横領している等と誹謗中傷のFAXを勤務先に送り付けられる
このような行為は違法です。
悪質な違法行為を行っている闇金は、すなわち犯罪集団なのです。
繰り返しますが、上記の行為は違法行為で、あなたは被害者です。
お金を返済する必要はありません

2.闇金の被害を受けたときの6つの対応方法

闇金の被害を受けたときの6つの対応方法
返済する必要がないといっても、そのまま放置していたら取り立てが酷くなるだけですよね?
では、闇金の被害に遭ったら、どうしたらいいのかを一緒に見てみましょう。
主に6パターンの相談方法があります。

① 弁護士に相談する

警察が頼れないならどこに相談したらいいのでしょうか?
そこで、弁護士に相談するという方法があります。
弁護士は、被害を相談されると、その闇金業者に電話をかけることがあります。
実は、弁護士に依頼すると多くの場合、この電話で、即日解決できる場合があるのです。
どうして弁護士が闇金被害を即日解決できるの?
それは、闇金業者は闇金に対してノウハウを持った法律家と関わると危険であり、弁護士からの連絡が入った時点を引き際と考えているからです。
先ほど述べたように、闇金は違法であり、警察が動けばすぐに逮捕できるのです。
闇金業者が恐れている罰則として以下のようなものがあります。

  • 高金利違反
    5年以下の懲役もしくは1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金又は併科
  • 無登録営業
    5年以下の懲役もしくは1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金又は併科
闇金業者は、闇金に強い弁護士を敵に回してしまうと、闇金業者は業務を継続できなくなってしまうということをよく分かっています。
ですから、被害者である一人の顧客を追いかけて逮捕されてしまうよりも、一人の顧客を切って次の顧客を探した方が効率的であると考えます。
ですから弁護士に依頼した顧客に関しては、闇金業者は弁護士の関わった顧客から離れる判断をすることが多いのです。
即日内に終わることが多いなか、まれに食い下がる業者もいるため、その場合は即日解決できないケースもあります。また特別悪質な業者や複数業者が相手の場合は、多少の日数を必要とすることもあります。
しかし、諦めずに向かい合うことができるのも弁護士だからなのです。

② 警察に被害届を出す

まず1つ目の方法は、警察に頼ることです。
違法行為なので当たり前だと思いますよね?
もちろん被害届を出すことは有効な手段の一つではあります。
しかし、残念ながら警察の力で問題を解決できるかどうかは別の話です。
闇金との間でトラブルが起こった際、債務者本人が警察に相談をすることは強くおすすめできません。
「どうして警察に解決できないことがあるの?」
これには2つの理由があります。

警察には民事不介入の原則がある

残念ながら、債務者とのトラブル相手が闇金であったとしても、警察は門前払いをする可能性が高いです。
そこには、「民事不介入の原則」という考え方があります。
そもそも警察は傷害・詐欺犯罪などの刑事事件を取り扱うための組織です。
闇金のような借金問題については、警察は相手にしてくれません
これは闇金だけでなく、サラ金や個人間の金銭問題も同じことです。
それどころか金銭問題である場合、やり取りが法人と法人、法人と個人の問題であっても警察は受け付けてくれないのです。

闇金は警察の電話に物怖じしない

対応してくれた警察官によっては、善意から相談者を助けようと闇金に電話をかけ対処を試みてくれる場合もあります。
しかし、闇金が警察を相手にせず終わるケースがほとんどです。
つまり、闇金は警察の電話を恐れていないのです。
闇金は居場所を特定されないように、携帯電話を頻繁に切り替えたり、居場所を点々とさせています。
したがって、一度電話されたくらいでは痛くもかゆくもないのです。
むしろ警察が電話をすることで闇金を逆上させてしまう場合もあります
「家族や職場にまで嫌がらせが及んでしまう」などといった、闇金からの嫌がらせや取り立てが激しくなるケースも存在します。
闇金が警察を相手にしないため、せっかくの警察の善意がむしろ事態を悪化させてしまうことがあるのです。

③ 司法書士に相談する

司法書士と弁護士との大きな違いは、債務整理の額に上限があることです。
債務整理において、140万円以上の債務の相談、交渉、訴訟については弁護士でなければ受任することができません
正規の金融機関からの借金では、140万円以下の借金に限って司法書士が債務整理を行うことができます
しかし、闇金の問題については、そもそも法律で認められていない債務なので、金額に関わらず司法書士でも対応できます
ただ闇金を解決しても、多重債務で通常の金融機関からも多くの借金をしている場合は、借金に苦しむ本人の本当の問題解決とはなりません。
そのようなケースにも対応できる弁護士のほうが、おそらく最善の選択であるといえるでしょう。

④ 法テラスに相談する

法テラスとは、法律トラブルを抱えた人が気軽に利用できる公的なサービスです。
気軽に無料で法律に関する情報提供を受けられ、役立つ法制度や適切な窓口を紹介してくれます。
電話相談も無料ででき、時間制限もありませんがオペレーターは法律家ではありません
結局、法テラスを通じて法律事務所を紹介されるということになります。
つまり、解決までの時間がかかってしまうことが難点です。
また、すべての法律事務所が闇金に強い弁護士が在籍しているとは限りません。
闇金対策に関してスキルのない弁護士・司法書士は、闇金業者に対して充分な対応が取れず、満足いく解決をしてもらえないこともあるでしょう。
しっかりと即日解決に向けて取り組む闇金対策に特化した法律事務所に依頼するのがよいでしょう。

⑤ 消費生活センターに相談する

消費生活センターとは、独立行政法人国民生活センターのことで、全国各地に相談窓口があります。
ここでは、闇金被害の相談を受けることもできます。
具体的に言うと、各地域の消費生活センターでひらいている相談会で弁護士や司法書士と話すことができ直接相談できます
この相談会では弁護士に相談することができますが、法テラスと同様に時間がかかってしまいます。
また、闇金に強い弁護士に必ずしも相談できるわけではないことは理解しておかなければなりません。
可能であれば、闇金に強い弁護士へ直接相談することをおすすめします。

⑥ 被害者の会に問い合わせる

被害者の会を通じて、弁護士や司法書士を紹介してもらうことができます。
しかし多くの場合に、その紹介料や被害者の会の年会費や月会費として、お金を支払わなければなりません。
打ち明けることができることはいいことですが、さまざまな問題も報告されています。
被害者の会を装った悪質な詐欺集団も散見されますので、十分に注意が必要です。

3.闇金被害の相談なら弁護士をオススメする3つの理由

闇金被害を相談するのは弁護士が最善な3つの理由

① 警察よりも弁護士のほうがスピーディーに解決できるから

闇金業者は闇金に対してノウハウを持った法律家と関わると危険であり、弁護士からの連絡が入った時点を引き際と考えています。
なぜなら、弁護士に攻め立てられると自分たちが業務を続けられなくなるということがよく分かっているからです。
正直に申し上げて、闇金業者は警察よりも弁護士を恐れているということさえあるのです。
また、さきほど述べたように、警察には民事不介入の原則という考え方があります。
残念ながら、債務者とのトラブル相手が闇金であったとしても、警察は門前払いをする可能性が高いです。そもそも警察は傷害・詐欺などの刑事事件を取り扱うための組織です。闇金のような金銭問題に関して警察は相手にしてくれません。
ただし、警察が弁護士経由で「これは刑事事件である」と認識した場合は違います。
警察は刑事事件だと認識したものに対しては対処しなければならないからです。
弁護士に刑事事件であり法律が破られた事件が存在すると伝えられれば、警察も動かざるを得ません。
ですから、弁護士に相談することは警察に相談するよりも先にするべきことという場合もあるのです。

② 相談窓口を使うよりも弁護士に直接依頼したほうがよいから

様々な相談窓口を紹介しましたが、先ほど述べたように、闇金被害の解決には法律家に相談する必要があります。
しかし、すべての弁護士が闇金被害に強いとは限りません
闇金対策は、違法業者との危険な戦いでもあります。
スキルのない弁護士は交渉の鍵として金銭的な和解案を示す傾向がありますが、この対応は正しいとはいえません。
法的には闇金に対しての元金の返済は不要であり、債務者に元金を返済させるかたちで交渉を終わらせると言うことは、実質的には闇金対策に失敗したと言っても過言ではないのです。
しっかり成功させる弁護士を探して、まずは直接無料相談できるところを探してみてください。
そこで、解決までの道筋や費用についてなども聞くことができるでしょう。
丁寧に自分のために解決をしてくれる弁護士こそ、依頼するべき弁護士であり、直接問い合わせるメリットはそこにあります。
また、闇金対策で一番大事なものはスピードです。
闇金との問題は放置すればするほど被害が拡大してゆくものです。「闇金被害に遭った」と気づくと同時に、一刻も早い闇金対策が必要なのです。
また施策する闇金との交渉についてもやはり速度が大事です。
よって、即日対応できる弁護士に依頼することは重要となってきます。

③ 闇金問題に特化した弁護士がいるから

闇金対策においては中途半端な妥協案を示したり、闇金との交渉をグズグズと長引かせたりするのは得策ではありません。交渉が長引くと、闇金は債務者の代理人である弁護士の足元を見透かし、債務者はもちろん、その周りの人々を恫喝することで闇金対策を止めさせようと目論んでくるためです。
ですが、闇金対策に特化した弁護士事務所は闇金が最も嫌がるポイントを迅速に突きます。それによって闇金が引き下がらないのであれば、次はそのまま闇金が融資した金額を遥かに上回る痛手を闇金に与えます。もしそれで闇金が意地になって食い下がってくるのであれば、最終的には警察との連携プレーにより、最後まで諦めず解決に導きます。
闇金に強い法律事務所は、一般の弁護士では持ち得ない闇金対策の知識・情報と熟練の交渉術があります。
闇金対策に特化した弁護士事務所の無料相談は、闇金に詳しい弁護士に一度ご自身の被害について相談し、解決策を一緒に無料で考えることができる良い機会となるでしょう。

まとめ:闇金被害はすぐに弁護士に相談

まとめ
この記事では、闇金被害の対策には弁護士が最適であるということをご紹介しました。
また、同じ弁護士でも、闇金の被害には闇金に強い弁護士に相談することが重要となります。
はやく解決できるように、まずは闇金に強い弁護士事務所に無料相談してみるといいでしょう。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください