【闇金の取り立ては違法!】実際にあった9つの事例を弁護士がご紹介

この記事は 4 で読めます

弁護士法人イストワール法律事務所
監修記事

受けている取り立てが違法なのかわかる、実際の9つの事例

闇金からの悪質な借金の取り立てに、「これって違法じゃないの?」と悩んではいませんか?

  • 一日に何度も催促の電話がかかってくる
  • 職場や家族など、周囲にも電話をかけられる
  • 自宅に取り立ての貼り紙を貼られた
  • 取り立てのために自宅前に座りこまれる
あなたの周囲にも被害がおよぶ可能性があり、闇金の取り立ては非常に恐ろしいものです。
まずは今受けている取り立てが違法であるかどうかを判断し、違法であった場合には対策しましょう
この記事では、闇金の取り立てで違法となる行為の具体例と、その対策についてお教えします。

1.そもそも闇金は存在自体が違法?

そもそも闇金自体が違法である
日本では、貸金業法(かしきんぎょうほう)により貸金業登録制度というものが定められています
貸金業を営む業者は、財務局か都道府県に登録をしなければならない」というものです。
国や都道府県に対して貸金業者としての登録を届けでていない場合、貸金業法違反となるため、その業者は違法な闇金と言えます。
また、出資法(出資の受け入れ、及び金利等の取り締まりに関する法律)では、貸金業者による金利の上限は年20%と定められています
そのため、これ以上の高金利での貸し付け、利息の受領、または利息の支払い要求は違法となり、処罰の対象となります。
注意していただきたいことは、この出資法で定める上限金利は、個人間の貸し借りだと年109.5%となるということです。
これ以上の金利の場合、いくら正しく契約を交わしていても返済する義務はありません

【注】闇金と何なのかをもっと詳しく知りたい方は闇金とは何なのか?弁護士が教える闇金のすべてをご確認ください。

2.闇金の違法な取り立て事例9つ

違法な取り立てである9つの事例
近年社会問題となっていた闇金の横行に対処するため、金融庁が「ヤミ金融対策法」という法を定めました
これにより、貸金業法第21条に記載されている「取り立てにおける禁止行為」の規制が強化されています。
関連記事:ヤミ金融対策法
では、どこからが違法とされる行為なのかを見ていきましょう。

① 取り立てのために深夜に自宅へ押しかけたり、電話をかけてくる

この行為は違法です。
夜9時から朝8時までの時間帯に電話をかける・ファックスの送信・自宅への訪問といった取り立て行為は禁止されています。

② 職場に取り立ての電話をかけてくる

こちらも違法行為です。
連絡がとれなくても債務者の自宅以外に電話をかけることはできません
また、訪問・ファックスの送信といった行為も禁止されています。

③ 指定した時間外に自宅に取り立てに来る

債務者が自ら連絡を受ける時間を指定していて返済の意思が明確な場合午前8時~午後9時の時間帯でも電話をかける・ファックスの送信・自宅への訪問を行うことは禁止されています。
よって、この行為も違法となり得ます。

④ 帰るよう伝えても家の前に居座られる

この行為も違法です。
債務者等が退去の意思を示した場合には、ただちに退去しなければいけません
自宅以外の勤務先や外出先でも同様です。

⑤ 家のドアに貼り紙を貼られる

債務者が借り入れている事実、そのほかの債務者の情報を債務者以外に明らかにしてはならないと定められています。
よって、この行為も違法です。
貼り紙以外の看板等、その他のいかなる行為であっても債務者の情報を流すことは禁止されています。

⑥ 借金を返すため他への借金を強要してくる

こちらも違法です。
債務者やその周辺に対して、ほかから金銭の借り入れ等による債務の弁済・資金の調達を要求することは禁止されています。

⑦ 家族に「代わりにあなたが払ってください」という連絡をされる

債務者以外に対し、債務者に代わって借金の弁済を要求することは禁止されています。
自主的に肩代わりすることは可能ですが、これを要求してきた場合は違法となります。

⑧ 弁護士に対策を依頼したが、いまだに取り立ての電話がかかってくる

これは、債務者が弁護士や司法書士に依頼して、書面による依頼の受任通知が届いた場合を想定しています。
債務者から直接要求しないことを求められたのにもかかわらず、正当な理由なく債務者に電話をかける・ファックスの送信・自宅への訪問による弁済の要求は禁止されています。
よって違法となり得ます。

⑨ 上記(⑥以外)の違法行為を行うと脅された

実際に行わなくても、これらを行うと予告するだけで違法となります。

3.闇金の違法な取り立てをとめる3つの方法

闇金の違法な取り立てをとめる3つの方法
このような違法行為による被害を受けている場合、どのように対策すべきなのでしょうか?
違法な取り立てをとめる方法は、ずばり闇金に強い弁護士に相談することです。

① 弁護士に相談する

闇金がもっとも恐れているのは、債務者の法的な対応です。
闇金による悪質な取り立てに悩んでいる場合、すぐに闇金に強い弁護士に相談することが最善です。
事例⑧(弁護士に対処を依頼したが、いまだに取り立ての電話がかかってくる)にあるように、弁護士からの通告を無視して取り立てを続けることは禁止されています
よって、弁護士は悪質な取り立てを止められるのです。
ただ、依頼する弁護士は闇金に強い弁護士であることが重要です。
弁護士は、さまざまなジャンルの案件を取り扱っています。
弁護士によって得意分野は異なるのです
たとえば交通事故案件に強い弁護士に闇金対策を依頼しても、良い結果が得られない・そもそも引き受けてくれない等のことが起こりうるのです。
したがって確実に対策をするには、闇金に強い弁護士を選ぶことが重要になります。

② 自分で解決する

自分の力で解決しようとすることは、非常に危険なのでおすすめしません
あなたが違法性を訴えても、闇金は聞き入れずむしろ激高して取り立て行為をヒートアップさせる可能性があります。
あなただけではなく、あなたの周りにも危険が及ぶかもしれません。

③ 警察に相談する

警察には、「民事事件には介入しない」という民事不介入の原則という決まりが存在します。
よって闇金とのトラブルを相談しても、警察は「民事不介入の原則」により対応してくれない場合が多いのです。
ただ、脅迫や暴力などにより身に危険が及んでいる場合は、刑事事件として対応してくれるかもしれません。
くわしくはこちらを参考にしてください。
関連記事:【闇金で頼りになるのは警察?】実は、いつでも助けてくれるとは限りません!

まとめ:闇金の取り立てには早めの対策を!

まとめ:取り立てが違法かもしれないと思ったら対策を
もし受けている取り立てが違法である事例に当てはまっていたなら、あなたが借りているのは闇金です。
闇金を利用していると判明したのなら、一刻も早く対策をとる必要があります
「対策といっても、何からはじめればよいのだろう…?
そんなことを感じたあなた。
まずは、闇金のことをよく知る弁護士へ相談してみましょう。
弁護士法人イストワール法律事務所は、これまで数多くの闇金問題を解決してきました。
また、最近になって多様化している闇金の特徴についても、しっかりとフォローしています。
闇金問題のお悩みは、イストワール法律事務所にお聞かせください。
電話・メールでの相談を、無料で受け付けています。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください