押し貸しされる原因は?対処法はあるの?【弁護士が徹底解説!】

この記事は 5 で読めます

シン・イストワール法律事務所

監修
記事

押し貸しされたときの原因と対処法は?弁護士が解説

「知らない人からお金が振り込まれたんだけど、どうしたらいいの…?」
「賃金業者から押し貸しをされたんだけど、どこに相談すべき?」

そんな疑問をもったあなたのために、この記事では押し貸しの対処法をご紹介します。
急にお金が振り込まれて不安に感じているかもしれませんが、まったく怯える必要はありません。

専門家の力を借りながら、落ち着いて問題を解決していきましょう。

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

「弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを全力で守ります!

\ 受付は9:00~21:00 /

1.押し貸しってなに?

1.押し貸しってなに?
押し貸しとは、見知らぬ誰かによって勝手に自分の口座へお金が振り込まれたのち、利息とともに返済を要求される手口のことです。

押し貸しの詳しい手口は、大きく2種類に分けられます。

  • 身に覚えがないお金を突然に振り込まれるケース
  • 闇金を利用したことがあり、すでに完済しているのに再び突然に振り込まれるケース
完済したあともさらに押し貸しをすることで、利用者が逃げられないようにするのが押し貸しの恐ろしい点です。

【注】実際にあった押し貸し被害の相談事例はこちら押し貸しによる被害の相談事例

2.闇金による押し貸しの被害にあってしまう原因

2.押し貸しの被害にあってしまう原因

実はこの押し貸し、一歩間違えれば闇金はお金を回収できずにお金を損する可能性があります。

そのため、闇金も注意して相手を選ばなければなりません。
そこで業者は、すでに個人情報が明らかで取り立てをしやすい相手を狙うのです。

ずばり押し貸しのターゲットになりやすいのは、闇金に個人情報がもれてしまっている人です。

では、なぜ個人情報が業者にもれているのか、その原因を一つ一つ見ていきましょう。

原因① 闇金を利用したことがある

過去に闇金を利用したことがある人は、押し貸しの被害にあう確率は高いでしょう。

特に注意すべきなのは、以前闇金を利用したときの銀行口座をいまだに使用している場合です。

業者が、過去の利用者の口座を利用して押し貸しするのは非常によくあるケースです。

原因② 闇金を利用しかけたことがある

実は、闇金を利用したことがない人も押し貸しの被害にあうことがあります。

たとえば、以前に賃金業者と契約しそうになったけど結局怖くなって利用するのをやめたというようなケースです。

この場合でも、契約書をつくった段階で個人情報が闇金にバレてしまっています。

口座番号さえ分かれば、業者はお金を振り込むことができるのです。

原因③ ネットオークションを利用したことがある

最近増えているのが、ネットオークションで個人情報がもれてしまったというケースです。

ネットオークションで個人情報を渡すことは、よくあるはずです。

もし取引相手が悪徳業者がだったとしたら、あなたは個人情報を教えてしまっていることになります。

原因④ クラウドソーシングサービスを利用したことがある

最近ではクラウドソーシングサービスを通して、個人情報をやり取りすることも増えてきました。

クルドソーシングはネット上で直接クライアントと契約して、報酬は直接口座に振り込んでもらうという形で仕事を進めます。

こうした、クラウドソーシングで登録した個人情報が悪用されるケースもあります。

取引相手が実は悪徳業者で、口座番号だけを抜き取っている可能性もあります。

取引条件が良すぎたり、これまでの発注・受注履歴がないようなクライアントは注意が必要でしょう。

原因⑤ 気づかずに悪質サイトを利用してしまったことがある

いまネット上には、さまざまな詐欺サイトがあります。

これまでネットで登録などの際に、不必要に口座番号や個人情報を入力させられる場面はなかったでしょうか。

サイトを一見すると問題がなさそうでも、実はその運営者が悪徳業者とつながっているケースもあります。

3.押し貸しされたら、まずはこの2ステップ

3.押し貸しされたらまずとるべき2ステップ
もしも銀行口座に知らない相手から入金があり、その原因に少しでも心当たりがあったら。

それは、悪徳業者からの押し貸しの可能性があります。

押し貸しされたときは、以下の正しいステップを踏んで対処していきましょう。

ステップ① 振り込まれたお金は使わずにとっておく

急にお金が振り込まれて、「なんだか分からないけどラッキー」などと考えていてはいけません。
知らないうちに押し貸しされたお金を使ってしまって、あとから悪質な取り立てを受けたというケースもあります。

振り込まれたお金は絶対に使わず口座に残しておきましょう

もしもお金を使ってしまえば、返済にあたって闇金が強気に出てきます。

振り込まれたお金は、絶対に使ってはいけません。

ステップ② 振り込んできた相手をつきとめ、誤振込でないか確認する

相手が闇金でなかったとしても、そもそも振り込み自体が間違いである可能性もあります。

とくに振込の名義が個人名だったり一般的な企業名であった場合は、誤振込ではないかと疑ってもよいでしょう。

もしも誤振込だった場合には、組み戻しといわれる手続きによって、振り込みを取り消してもらわなければなりません。

利用している銀行に、素直に事実を話すのがよいでしょう。

4.押し貸しの相手が闇金だった場合の対処法

4.押し貸しの相手が闇金だった場合の対処法
心当たりのない振り込みがあった場合は、まずは銀行に相談して振り込みの取り消し手続きをお願いしましょう。

しかしそれにも関わらず、振り込んできた相手が振り込みの取り消しに応じない場合があります。
この時点で、振り込んできた相手は闇金と疑われます。

ですが、あわてる必要はまったくありません

以下の対処法を読んで、落ち着いて対処していきましょう。

闇金に強い弁護士に相談しましょう

押し貸しの被害にあってしまったときの正しい対処法は、押し貸し解決に強い弁護士に相談することです。

また弁護士の無料相談だけでも、どのような対応をすればいいかのアドバイスをもらうことができます。

闇金のほとんどが弁護士を非常に恐れています。

取り立てを受けているときでも、相談している弁護士の名前を出した途端に闇金が引き下がったという事例も報告されています。

注意点① 押し貸しは放置せず、すぐに相談する

押し貸しを放置するのは、絶対にやめてください。

押し貸しされるような状況では、ほとんどの場合で業者はあなたの個人情報を把握しています。

闇金には口座番号や電話番号だけではなく、あなたの住所や勤務先の情報もバレている可能性が高いでしょう。

もし押し貸しを放置すれば、あなたの家族や親戚、友人や勤務先にまで取り立ての被害が及ぶことがあります。

あなた本人だけでなく周辺の人にまで迷惑がかかれば、人間関係に傷がついたり、信用問題に関わります。
勤務先からは「迷惑だから」という理由で仕事をクビになる危険もあります。

注意点② 取り立てを受けても、絶対に返済しない

勝手にお金が振り込まれたあと、闇金はおそらく利子とともに返済を要求してくるでしょう。
しかし、取り立てを受けたとしても返済には一切応じてはいけません。

脅迫が怖くて返済してしまいそうにもなりますが、ここは法的にも正しい手順で解決していきましょう。

また、あまりにも取り立てがしつこいようであれば、供託制度を利用するのもよいかもしれません。

供託制度とは、押し貸しで振り込まれたお金を賃金業者が受け取らない場合に、法務省にそのお金を預けられる制度です。

供託制度を利用すれば返済するお金は手元にないことになるため、悪徳業者からの返済要求がなくなるかもしれません。

ただし供託制度の利用だけでは、問題が解決されない可能性もあります。
供託制度を利用するべきかどうかは、弁護士に直接聞いてみるのがよいでしょう。

5.再び押し貸しの被害にあわないために

流出してしまった個人情報はすぐに変更する

再び押し貸しの被害にあわないために、もっとも重要な対処法は漏れてしまった個人情報を変えることです。

特に必ずやっておきたいことは、以下の2点です。

  • 銀行口座を解約する
  • 電話番号を変更する

これらの情報をそのまま使い続けた場合、あなたは再び押し貸しのターゲットにされてしまいます。

流出してしまった個人情報は、すべて変更しておきましょう

まとめ

まとめ

  • 知らない相手から振り込まれたお金には手をつけない
  • あせらずに、まずは相手に確認を取る
  • 相手が闇金だと思ったら弁護士への相談がおすすめ!

押し貸しされたとしても焦る必要はありません。

まずは、振り込まれたお金が誤振込なのか、それとも悪徳業者からの押し貸しなのかを確認しましょう。
もしも押し貸しと疑われる場合は、押し貸し解決に強い弁護士への無料相談をおすすめします。

シン・イストワールは、これまでに数多くの闇金問題を解決してきました。
ノウハウを知り尽くしたシン・イストワール法律事務所へ、安心してご相談ください。

電話・メールの相談を無料で受け付けております。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。