ひととき融資ってなに?闇金なの?【弁護士がその恐ろしい実態を解説します】

この記事は 7 で読めます

弁護士法人イストワール法律事務所
監修記事

ひととき融資ってなに?闇金なの?【弁護士がその恐ろしい実態を解説します】

最近、SNSを利用したひととき融資による被害が増えています。

「そもそも、ひととき融資ってなに?
「ひととき融資って安全なの…?

今回そんなあなたの疑問に答えるべく、ひととき融資について弁護士が丁寧に解説していきます。
ひととき融資は、法律に違反していることも多く、非常に危険な行為です。

この記事を読んで、いざトラブルが発生してしまったときの対処法まで知っておきましょう。

1.ひととき融資ってなに?

1.ひととき融資ってなに?
ひととき融資とは、性行為を条件にして金銭を貸し付ける行為のことです。

融資のターゲットになるのは、女性です。
特に、どこからもお金を借りられないようなブラック状態の人が狙われます。

なぜ、「ひととき」融資と呼ばれるのか

ひととき融資とはこれまた変わった呼び方ですが、その語源はなんなのでしょうか。
一説には、

  • 性行為の相手と、一時(ひととき)を過ごして融資をする
  • 「人(ひと)」+「-(と)」+「木(き)」を組み合わせた「体」、つまり性行為を条件にして融資する

ということが由来であると言われています。

2.SNSがひととき融資の温床になっている

2.SNSがひととき融資の温床になっている
まずは試しに、ツイッター#ひととき融資と検索してみます。
そして、そのタグのついたツイートを順番に見ていくと

  • 性行為を条件に、お金を貸し付けたい男性
  • 性行為をしてでも、お金を借りたい女性

が、ツイッター上にあふれていることが分かります。

このようなひととき融資をつのる投稿は、ツイッターのようなSNSに限らずネット上の掲示板などにおいても確認できます。

それでは、今回はツイッターを例として、ひととき融資の特徴について知っていきましょう。

ひととき融資の例① 女性側の投稿

まずは、融資を受ける側である女性側の投稿の特徴を見ていきます。
女性からの投稿例
ひととき融資に限らず、ツイッター上で融資してくれる人を募集する内容のツイートには通常、
#お金貸してください
#お金困っています
#個人融資
といったタグが、検索のために付けられています。

さらに何日までにいくらのお金が必要なのかといった、希望する融資の詳細内容まで書かれている場合も多くあります。
そして、それらの投稿のうちひととき融資を目的としたツイートには、性行為をほのめかすようなタグが付けられています。

#ひととき
#ひととき融資
#パパ活
#P活

こういったキーワードで、性行為を条件とした融資を募集するのです。
一見してもあまり意味が分からないようなタグですが、実はこれが融資してくれる男性側へのメッセージとなっているのです。

ひととき融資の例② 男性側の投稿

続いて、融資をする側である男性側の投稿の特徴を見ていきます。

≪男性側からの投稿例≫

女性側と同様、男性側からのツイート投稿にも、
#ひととき
#ひととき融資
#パパ活
#P活
といったタグが付けられています。

ほかに男性側ツイートに特有な点としては、融資希望の女性に対する「まずは自撮り画像を送るように」といった指示や、性行為が融資条件であることを匂わす内容などが書かれてることが挙げられます。

ひととき融資の手口

ひととき融資の構造
ひととき融資の具体的な流れは、以下のようになります。

  1. ネット掲示板やSNS上に、ひととき融資の内容を投稿する
  2. 投稿を確認してDMなどでやり取りをすることで、融資条件の合意を取りつける
  3. お互いに直接会ってお金を貸し借りする

そして、まさに融資をするその際に、

性行為に応じてくれれば、利子なしで融資してあげるよ」
性行為がOKなら、毎月の返済額を減らしてあげるよ」

といった言葉で、巧みに性交渉を行うのです。

「性行為に応じるなんて絶対に嫌だ!」

そう考えるのが普通の女性の感覚でしょう。
しかし結局は、

どうしてもお金が必要だから仕方ない…

と、その卑劣な条件を飲み込んでしまうのです。
ひととき融資は、女性の弱みにつけ込んだ非常に悪質な融資行為と言わざるを得ません。

最悪な例では、性行為におよんだ際に性的な写真や動画を撮られてしまい、それを利用して脅されさらなる金銭を要求されるといったケースも報告されています。

3.ひととき融資による逮捕者も出ている

3.ひととき融資で逮捕者も出ている
2019年6月、ネット上で知り合った複数の女性に対して性行為を条件に融資を行ったとして、大阪府千早赤阪村の元職員の男性(36才)が逮捕されました。

男性は当時、無登録で貸金業を営んでおり法定利息をはるかに超えた利息で融資を行っていました。
男性の自宅からは、16人の女性に融資を行ったとされる借用書なども見つかっています。

なお借用書には、返済期限や利息は記されていたものの性行為については触れられていませんでした。
実際に行われていた手口では、性行為が条件であることを、書面ではなく口頭のみにて伝えていたようです。

また男性は、融資や返済のたびに相手女性と性交渉に及んだとされています。
もしも女性が性行為を拒んだ場合には「利子を上乗せするぞ」などと脅して、悪質な性行為を繰り返していました。

男性は、
「お金を貸しても戻ってくるし、セックスもできてとてもよかった」
との供述もしていたようです。

4.ひととき融資が違法であるワケ

4.ひととき融資が違法であるワケ
ひととき融資で逮捕者が出た、という言葉だけを聞くと

「どうせ買春とか強制わいせつで逮捕されたんでしょ?」

と考える人も多いのではないでしょうか。
しかしさきほどの大阪府の男性のケースでは、買春ではなく貸金業法違反出資法違反の容疑で逮捕されています。

売春では逮捕されないの?

売春防止法において、売春とは
「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう」
と定義されています。

一方でひととき融資の場合、性交の相手は不特定ではなく、ある程度特定できる間柄であることが多いです。
例えば、融資における「貸主」と「借主」といったような関係です。

つまりひととき融資は、売春防止法の適用外となってしまう可能性が高いのです。

また、売春防止法によって罰せられる対象売買春をした当本人ではなく売買春を支援していた者です。
より具体的には、客引きやあっせん、売春場所の提供、売春婦の管理などをおこなった人たちが罰せられます。

したがって売春防止法では、ひととき融資をした当本人たちを取り締まることができないのです。

強制わいせつでも立件ができない

ひととき融資は、あくまでお互いの同意をもとに融資がおこなわれています

しかし、強制わいせつ罪で立件をするためには、
「暴行や脅迫行為によって相手方が拒否できない状況にさせた
という要件を満たさなければなりません。

つまり、強制わいせつ罪によってもひととき融資を立件することはできないのです。

5.不正な融資を取り締まる法律

5.不正な融資を取り締まる法律
それでは、なぜひととき融資は貸金業法・出資法に触れてしまうのでしょうか。
理由は以下の2つです。

  1. 無登録で貸金業を営んでいたから
  2. 高利で融資をしていたから。

これらの点で、ひととき融資が違法であると言えるのです。

法を守らずに融資をおこなう、これはつまり闇金の行為となんら変わらないのです。

① 無登録で貸金業を営んではいけない

まず貸金業法では、貸金行為を反復継続するには貸金業としての登録が必要である、と規定されています。

ひととき融資では、貸し手が複数の相手に対して融資を繰り返しおこなっているケースも多く、貸金業者として正規機関への登録が必要となるのです。

「ひととき融資はあくまで個人間の融資だから、貸金業を営んでいるわけではなく登録も必要ない!」

ひととき融資をしている人からは、そんな反論が聞こえてくるかもしれません。
たしかに一人を相手に、一回だけ融資をするなら登録は必要ないでしょう。

しかし、SNSを介して融資をする場合には、不特定多数を相手に融資をしていることがほとんどです。
非登録で融資をしていれば、貸金業法に違反していると判断されても致し方ないでしょう。

② 法定を超える利息をとってはいけない

ひととき融資では、法外に高い利息をとっていることが多くあります。

融資における上限金利については、出資法において以下のように規定されています。

  1. 貸金業者が年20%を超える利息を付した場合
    ⇒5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金(又は併科)
  2. 貸金業者が年109.5%を超える利息を利息を付した場合
    ⇒10年以下の懲役または3,000万円以下の罰金(又は併科)
  3. 非貸金業者が年109.5%を超える利息を付した場合
    ⇒5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(又は併科)

さきほどの男性のケースでも、出資法で定められた年109.5%をはるかに超える金利でお金を貸し付けていました。
そのため、出資法違反の容疑で逮捕されるに至ったのです。

6.もしも、ひととき融資の被害者になってしまったら…

6.もしも、ひととき融資の被害者になってしまったら…
もしも、あなたがひととき融資の被害者になってしまったら、

周りに相談もできないし、まずは自分で解決しないと…!」

そんなふうに考えはしないでしょうか。

実は貸し手と借り手の関係上、ひととき融資を当事者同士で解決しようとするのは非常にやっかいです。
こちらが下手に出てしまうと、相手はあなたの弱みにつけ込んで、さらなる脅しや要求をしてくるでしょう。

「でも、お金のために性行為をしてしまったなんて、だれにも相談できない…

あなたが周りに助けを求めたくても、実際には恥ずかしくてなかなか解決へ動き出せません
しかしあなたが悩んでいる間にも、事態はどんどん悪化していってしまいます。

ひととき融資の相談は、まず弁護士へ

結論からいうと、まずは弁護士に相談するのがよいでしょう。
また、闇金対応の実績やノウハウが豊富にある弁護士に相談することがポイントです。

ひととき融資をおこなうような人は、実は闇金のような貸金業法・出資法を無視した違法業者であることも少なくありません。
一方で違法な融資の場合には、それは不法原因給付とみなされ、お金の一切を返済する必要がありません

勇気を持って相談すれば法律の専門家である弁護士が、闇金に悩むあなたの大きな味方となるでしょう。

【注】悪質な借金の返済でお悩みの方は【弁護士が教える!】闇金の返済に悩んでいる人に知っておいてほしい真実をご確認ください。

まとめ

まとめ

  • ひととき融資とは、性行為を条件とした金銭の貸し付け行為
  • ひととき融資は違法な融資行為なので、一切返済しなくてOK
  • ひととき融資を解決するには、弁護士相談がおすすめ
弁護士法人イストワール法律事務所には、ひととき融資をはじめ、さまざまな闇金問題を解決してきた実績があります。

「もう闇金の返済で悩みたくない…
「ひととき融資ばかりの生活から抜け出したい…

そんなあなたは、今すぐイストワール法律事務所にご連絡ください
ご相談は無料です。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください