個人間融資がSNS上で拡大している?!【その実態を弁護士が徹底解説!】

この記事は 6 で読めます

シン・イストワール法律事務所
監修記事

「家賃の支払い日が明日。でもお金がない。」
「給料日まであと10日。生活できない・・・どうしよう。」
そんな時、あなたならどうしますか?

  • 親戚や友人からお金を借りる
  • 消費者金融の窓口に駆け込む

お金の工面方法は人それぞれです。

最近では SNSなどを使って、個人からでも簡単にお金を借りることができます。
そのため、見ず知らずの人から簡単にお金を借り
てしまう人たちも多いようです。

今回はSNSを使って個人からお金を借りる行為、いわゆる「個人間融資」の実態について説明していきます。

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と闇金から言われても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを闇金から全力で守ります

\ 受付は9:00~21:00 /

1. SNS上で拡大する個人間融資、その正体とは?

Twitterでお金を借りたいとつぶやくと。。。

ツイッターには個人間融資の業者がたくさんいる

本当にSNSでは個人間融資が頻繁に行われているのでしょうか?
ツイッターで「お金を借りたい」とつぶやいてみましょう。

すると「お金を貸しますよ!」という人たちが、あなたのもとへすぐに集まってきます。

下の画像を見てください。

このように、お金に困っていることが分かるツイートさえすれば、

「お金にお困りのようですね。ご相談に乗りますよ。」
「即日融資できますよ。お返事待ってます。」

といった内容のDM(ダイレクトメッセージ)が、たくさんの人たちから届きます。

最近では書類を書くなど面倒な手続きをしなくても、SNS上で融資を受けられるのです。

「相手と会わずに、SNSだけで簡単にお金を借りられる」

これこそが、個人間融資の大きな特徴なのです。
利用者にとっては、非常に都合のいい借金の方法であるのは間違いありません。

しかし、そこには大きなリスクもあります。
リスクも負わずに簡単にお金を貸してくれる人など、この世にはいません。

2.そもそも個人間融資とは?

そもそも個人間融資とは?

個人間融資とは、消費者金融やクレジット会社のような法人ではなく個人から融資を受けることをいいます。
つまり顔も知らないような見ず知らずの他人から融資をしてもらえるのです。

個人間融資のターゲットになるのはブラック状態の人

個人間融資でよくターゲットになるのは「すでにブラック状態でどこからも借金できないような状態の人」です。

SNS上にはお金を必要している人が山のようにいます。
そこに「お金を貸しますよ」と呼びかけることで、どこからも借りることのできないブラック状態の人に対して簡単にアプローチできるのです。

ブラック状態の人にとっては、個人間での借金をためらう理由がありません。

こうして軽い気持ちでお金を借りた人は、あとになって厳しい取り立てや嫌がらせの被害にあってしまうのです。

3.個人間融資は親切で優しい人たちが多いって本当?

個人間融資は親切で優しい人が多いって本当?

個人間融資で声をかけてくるのは優しくて親切そうな人たちばかりです。

下の画像をご覧ください。
これは個人間融資で、実際に相手から送られてきたDMです。

「この人ならたしかに信頼できるかも…?」
「見ず知らずの関係なのにお金を貸してくれるなんて、優しい人だなぁ」

少しでもそう思ってしまったあなた、今すぐ考えを改めましょう。
個人間融資の人たちは決して、親切心から「お金を貸してあげます」と言っているわけではありません。

個人間融資をする本当の目的とは…

個人間融資でお金を貸している人たちの、目的はただ一つ。

「金を貸し付けて、高い利息を巻き上げてやる!」

頭の中はそのことで一杯です。
個人間融資を呼びかけてくる人たちの正体は、高利貸しの「闇金」なのです。

個人間融資をする人たちのなかには、あたかも「自分は闇金ではない」かのようなふりをする人もいます。
下の画像をご覧ください。

相手の闇金は目的のためなら平気でうそをつきお金を回収しようとしてきます。

絶対にだまされてはいけません。

4.個人間融資による被害事例3つ

個人間融資による被害報告

 ツイッターなどのSNS上で個人間融資を利用した人たちからシン・イストワール法律事務所へ寄せられた、実際の相談内容をご紹介します。

【相談例①】

ツイッターの個人間融資でお金を借りてしまいました。

利息は10日で3割の返済ですが、払えそうになく困っています。

家族や勤務先の情報や自宅住所を教えてしまっています。
今後どうなってしまうのか、怖くてたまりません。

【相談例②】

個人間融資に手を出してしまいました。

自分の個人情報、身分証明書、勤務先、家族や友人の連絡先などを教えています。
それを人質に、「もし返済しなければ、勤務先や家族、友人らにバラすぞ」と脅されています。

助けてください。

【相談例③】

ツイッターの個人間融資を利用してしまいました。

やり取りはLINEのみです。

最初はとても紳士的な対応で、「支払いが遅れても大丈夫」と言っていました。
だけど実際に返済が遅れたら、激しい取り立てや嫌がらせをしてくるようになりました。

ただ個人情報や家族の連絡先を教えてしまっているので、どうしたら良いのか分かりません。

ご覧のように、個人間融資に手を出してしまうと恐ろしい現実があなたを待っています。

最初はとても優しそうで親切な印象だったとしても、借りてしまったら最後。

そのあとは「返しても返しても借金が減らない悪夢」「激しい取り立てや嫌がらせの恐怖」にさらされてしまいます。

5.個人間融資でお金を借りてしまったらどうすればいいの?

個人間融資でお金を借りてしまったらどうすればいいの?

相手の特定が厄介なのが個人間融資

個人間融資とのやり取りは、ツイッターのDMやLINEのみというケースがほとんどです。
相手は業者ではなく個人なので、住所や営業拠点すらも分かりません。

個人間融資の人たちの実態を掴むことは難しく、警察も取り締まりには手を焼いているのが現状です。

個人間融資はどこに相談したらいいの?

まずは法律の専門家である弁護士に相談することをオススメします。
しかし、弁護士であれば誰でも良いというわけではありません。

「闇金対応の実績が豊富な弁護士に相談する」

これこそが早期解決の近道となります。

特に個人間融資は闇金の中でも特殊な形態の一つです。
個人間融資トラブルを数多く解決してきた弁護士に相談できれば、なお安心です。

個人間融資では特殊な被害事例も

個人間融資では、闇金トラブルによく見られる被害にとどまらないケースもあります。

「性行為をさせてくれたら利息を低くしてやる」
「性交渉に応じないのなら、個人情報をバラす」

これは個人間融資の中でも、ひととき融資といわれる特殊な被害ケースです。

個人間融資の場合には、従来の闇金には見られない特殊な手口を使って脅してくるケースが多いです。
やはり、個人間融資の解決実績や対応実績が豊富な弁護士を選ぶべきでしょう。

まとめ

まとめ

  • 最近では、ツイッターなどSNSを使って簡単にお金が借りられる
  • 個人間融資の人たちは親切な態度であなたに近づく
  • 優しいのは最初だけ、あとから闇金の本性を現してくる
  • 個人間融資の解決には闇金対応の実績が豊富にある弁護士がおすすめ!

個人間融資の取り立ては一般的な闇金と比べると特殊なものが多く、自分だけで解決するのは非常に難しいです。

シン・イストワール法律事務所には、たくさんの「個人間融資」による被害相談が寄せられています。

闇金被害は対応が遅れてしまうと、事態がますます悪化していきます。
手遅れにならないうちに、少しでも相手方の対応に疑問や不信感を感じたら、シン・イストワール法律事務所にご相談ください。

電話、メールでの相談は無料で受け付けております。
全国対応ですので、どの地域にお住いの方もご相談いただけます。

個人間融資の解決実績も豊富ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。