養育費

養育費未払い問題を相談できる4つの窓口を弁護士がご紹介

養育費未払い問題を相談できる4つの窓口をご紹介【相談するメリットも】

養育費の未払い問題は、多くの人が悩んでいます。

この問題を相談できる窓口のようなものはあるのでしょうか。

ここでは養育費回収を弁護士に相談できる窓口について紹介してみます。

養育費問題で困ったことがあったら 今すぐ弁護士法人シン・イストワールへ無料相談!

養育費が支払われない」「減額請求を拒否したい そんな時は弁護士法人シン・イストワール法律事務所にご相談ください。 法律の専門家の弁護士があなたに代わって徹底交渉いたします!

相談料無料0120-805-046
受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00
 

養育費を弁護士に相談できる4つの相談窓口

養育費を弁護士に相談できる4つの相談窓口

では養育費回収の問題を弁護士に相談できる窓口には、どのようなところがあるのかを確認していきましょう。

結論から申し上げると以下の4つの相談先が挙げられます。

  1. 法テラス
  2. 自治体の相談所
  3. 弁護士
  4. 養育費相談支援センター

それでは順番にご紹介します。

養育費を弁護士に相談できる4つの相談窓口①法テラス

最も代表的なのは法テラスです。

法テラスとは養育費回収を初めとした、借金や離婚などなど法的なトラブルを解決するためのサポートをしてくれる公的な機関になります。

法的なアドバイスを欲しい場面でも、知り合いに弁護士がいない人も多いです。

そうした時の窓口になってくれるのが法テラスだと考えてください。

国によって設立された機関だけに、信頼性や安全性の高さは問題ありません。

では法テラスでできることを以下に紹介します。

  • 電話や面談、メールなどの相談窓口がある
  • 経済的に余裕がない人に対しての無料法律相談がある
  • 必要であれば弁護士の費用を立て替えを行う

電話での相談については平日の9時~21時まで、土曜日は9時~17時までとなります。

日曜日と祝日は電話対応していません。

窓口での相談をしたい場合は、各地方にある事務所やサポートダイヤルに電話をかけてみるといいでしょう。

また無料相談を利用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 収入が一定の額以下であること
  • 民事法律扶助の趣旨に適合していること

さらに弁護士の費用を立て替えする制度を満たす人は、もう1つの条件を満たさないといけません。

勝訴の見込みがないとは言えないこと

これらの条件を満たしていると、法テラスで無料相談が可能です。

養育費を弁護士に相談できる4つの相談窓口②自治体の相談所

次に各地方自治体が行っている無料法律相談を紹介しておきます。

各地方自治体では、定期的に弁護士に法律相談ができる場を設けているのです。

開催の期日や会場がどこになるのかは、自治体によって異なるので広報やウェブサイトなどを確認してみてください。

養育費を弁護士に相談できる4つの相談窓口③弁護士

3つめは弁護士に相談する方法です。

弁護士事務所によっては夜間や土日の相談を受け付けていたりします。

ほとんどの場合は電話による相談は無料となっていますが、対面での相談は有料が多いでしょう。

ただし弁護士会によっては、対面相談でも無料の場合があります。

弁護士に養育費回収の相談をする窓口としては、当サイトのようなインターネットの弁護士紹介サイトを利用するのも方法の1つです。

弁護士を検索できるサイトのことで、お住いの地域と各弁護士が得意としている分野を選ぶだけで、居住地域に近い弁護士事務所が検索できます。

養育費問題の解決実績がある、または債権回収に強い弁護士事務所を簡単に探せるでしょう。

養育費を弁護士に相談できる4つの相談窓口④養育費相談支援センター

最後に弁護士に依頼をしてまで養育費回収をするかどうかの前に、先ずは相談をしたい、話を聞いて欲しいという場合は養育費相談支援センターを利用するといいでしょう。

公益社団法人である家庭問題情報センターが実施しているもので、全国の自治体に相談員が設置されています。

養育費の未払い問題や母子家庭の就業問題などの悩み相談を受け付けています。

窓口以外にも電話やメールでの相談が可能です。

  • 水曜日以外の平日は10時~20時まで
  • 水曜日は12時~22時まで
  • 土日や祝日は10時~18時まで
  • メールだと24時間365日受付

以上になります。

養育費未払い問題での一番オススメの相談先

今回は4つの相談先をご紹介しましたが、この中で最もオススメなのは「弁護士に相談する」方法です。

というのも弁護士は専門性が高く、養育費回収に向けて徹底的に交渉してくれるので安心です。

減額請求の対応や未払い問題に対する強制執行といった複雑なトラブルにも丁寧に対応してくれるのでオススメです。

また最近の弁護士事務所では「電話やメールでの無料相談」「完全成果報酬型」「費用の分割後払い」といった様々な試みがなされており、経済的に苦しい方でも安心して利用できるようになっています。

養育費未払い問題や減額請求トラブルで困っている方はぜひ一度弁護士の無料相談を利用してみることをオススメします。

養育費の未払い問題で弁護士ができること

養育費の未払い問題で弁護士ができること

未払いの養育費回収問題を弁護士に相談したとしましょう。

この時に弁護士はいったい何をしてくれるのか、イメージできない人も多いはずです。

結論から申し上げると弁護士は以下のような対応をしてくれます。

  • 催告書の作成や送達(養育費未払いの請求)
  • 裁判所への申立(養育費の請求)
  • 給料や口座の差し押さえ(強制執行)

大きくはこの3つに分類できます。

順番に詳細を見ていきましょう。

催告書の作成や送達(養育費未払いの請求)

催告書というのは未払いの養育費などの支払いを相手に請求する文書を指します。

弁護士事務所から催告書がきたというだけで、相手にはプレッシャーを与えることができるでしょう。

ただ普通郵便で送るのではなく、内容証明郵便で送付すれば、より大きなプレッシャーを与えられるのです。

内容証明郵便はどんな内容の文書をいつ、誰に送付したのかを証明してくれるサービスになります。

そのため裁判でも証拠として利用されるほどの効力を持っているのです。

相手に多少の法律的な知識があれば、訴訟も見据えた行動だとプレッシャーになるのです。

また内容証明郵便での催告書は、6ヶ月時効の完成を引き伸ばせるのもポイントでしょう。

裁判所への申立(養育費の請求)

催告書というのは養育費回収をする時に、最初に行う手段だと考えてください。

ここで支払いがあれば、大きな問題はありません。

ですが催告書を送付して相手方が無視をした場合、弁護士は次の手段を講じることになるのです。

それが裁判所を通した書類を送付することや、調停などの申立をすることです。

例えば支払い督促などであれば、比較的に簡単に裁判所からの督促状を相手に送付できるでしょう。

それでも相手が督促状を無視し、異議申し立てをしないのなら強制執行を行えるようになります。

詳しくは弁護士事務所にご相談ください。

給料や口座の差し押さえ(強制執行)

最後が給料や貯金している口座の差し押さえです。

先程お伝えしたように支払い督促を送付して相手が無視をしたようなケースであったり、調停などで支払い義務が確定していることに関わらず支払いをしない場合は、強制執行の申立ができます。

裁判所で申立が通れば、相手方の財産を差し押さえできるのです。

こうして説明をしているだけだと、簡単に聞こえるかもしれません。

ですが形式を整えた書類を作成したり、その手続を裁判所で行ったりすることは大変な手間がかかってしまいます。

また法的な知識がなければ、書類の作成を行うことすら難しいでしょう。

こうした素人では煩雑な作業を弁護士に相談することで、丸投げできるというのも大きなポイントです。

ちなみに差し押さえをする場合、相手の財産を特定する必要があります。

素人では特定のしようがありませんが、弁護士であれば照会権があるためしっかりと特定できるのです。

弁護士にできることは多く、しっかりと相談をすれば個別具体的な対応をしてくれるので、養育費回収問題で悩んでいるのなら相談するだけの価値があります。

養育費はいつまで支払うのか? ケース① 子供が経済的に自立した場合
【養育費の強制執行】必要な条件や手続きの流れ【弁護士が徹底解説】

夫婦が離婚した際に支払われる養育費ですが、「ある日を境に支払われなくなった」「そもそも養育費が支払われない」といったケー ...

続きを見る

養育費の未払い問題でお困りですか?
あなたの抱える養育費問題を弁護士が速攻解決

電話で無料相談する
0120-805-046

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00


直接話すのは緊張するという方はコチラ↓

メールでお問い合わせ
24時間365日受付中

養育費の未払い問題を弁護士に依頼するメリット

養育費の未払い問題を弁護士に依頼するメリット

では次に未払いの養育費の回収を弁護士に相談ではなく、依頼をした場合にどんなメリットがあるのかも確認しておきましょう。

  • 手続きを一任することができる
  • 自身で手続きなどをするよりも早く解決できる可能性が高い
  • 元配偶者と連絡をしなくてもすむ
  • 最適な方法で養育費回収問題を解決する方法を提案してくれる

といった4つのメリットが考えられます。

もちろん先程お伝えしたように弁護士事務所の名義で、内容証明郵便を送付するような相手にプレッシャーを与える意味もあると考えてください。

それよりも大きなメリットだと言えるのが上の4つです。

メリット①手続きを一任することができる

養育費回収の問題を解決するのに、弁護士に依頼をせず自分自身で手続きをすることもできます。

ですが法律的な知識が必要となりますし、集めないといけない書類や作成する書類、裁判所に赴いてする手続きなど多岐に渡ります。

日中は仕事をしているといった人ですと、こうした自分自身で手続をするとしても時間と手間がかかり過ぎてしまうのです。

その点で弁護士に依頼をすれば、代理人として様々な手続きを一任できます

メリット② 自身で手続きなどをするよりも早く解決できる可能性が高い

弁護士に相談すればすべての作業を一任できますので、よりスピーディーに解決できます。

空いた時間はお子さんの世話をすることもできますし、働きに出ることも可能でしょう。

専門的に動いてくれる弁護士がいれば、当然ですが自分自身で手続きなどをするよりも、時間をかけずに解決することも難しくありません

メリット③ 元配偶者と連絡をしなくてもすむ

また自身で手続きをする時には、どうしても元配偶者に連絡をする必要があります。

円満に離婚していれば特に苦に思わないかもしれませんが、養育費未払いの問題についてはどうしても連絡を取りにくいものです。

それが円満な離婚ではない場合だと、余計に連絡を取りづらくなるでしょう。

ですが弁護士に依頼をしていれば、元配偶者への連絡にしてもすべて一任できます。

もう少し突っ込んでみると、離婚した相手からの連絡もすべて弁護士に任せられるのが大きなポイントでしょう。

特にDVなどで離婚したという人ですと、弁護士に依頼するのがベストです。

メリット④ 最適な方法で養育費回収問題を解決する方法を提案してくれる

最後のポイントとしては、最適な解決方法の提案があるという点でしょう。

養育費回収の問題で相談をするとしても、解決方法は1つではありません。

通常であれば手順を踏んでいくのが常道ですが、相手次第では通用しないケースもあります。

そうした個別具体的な事例に合わせて、ケースバイケースでしっかりと対応してくれるのが弁護士です。

相談をした人の家庭環境や状況に合わせて、最適な方法を模索した上で提案をしてくれます。

また養育費回収問題に強い弁護士であれば、こうしたケースではこの方法が良いというような経験も豊富です。

だからこそ弁護士に相談をすれば、良い形で解決できる可能性が高いと言っても良いでしょう。

注意ポイント

ここで注意していただきたいのは弁護士なら誰でもいいわけではないという点です。借金分野、刑事分野といったように弁護士にも得意不得意な分野があります。ですから養育費回収について相談したい時は養育費問題を得意とする弁護士に相談するようにしましょう。

養育費未払いを弁護士に依頼した場合の費用

養育費未払いを弁護士に依頼した場合の費用

養育費回収の問題を弁護士に相談をするとしても、1つ気になるのがどの程度の費用がかかるのかといったことでしょう。

恐らく養育費回収の問題を抱えている人は、経済的に裕福ではない環境にいることが多いはずです。

だからこそ弁護士に支払いをする費用は非常に重要ですよね。

  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 実費

弁護士に相談する、依頼をするといった時にかかる費用は以上の4つです。

では1つずつ確認をしていきましょう。

相談料

弁護士に養育費回収のことで相談をすることで、相談料が発生するのです。

ただし相談料については弁護士事務所次第だとも言えるでしょう。

相場としては以下の通りになります。

  • 無料~5000円
  • 通常の法律相談だと30分5000円が相場

近年では弁護士事務所も多くなってきたことから、自身の強い分野については相談料無料としているケースも増えています。

弁護士事務所次第ですので、ウェブサイトで確認するのが一番確実です。

およそ相談料の相場としては30分で5000円になります。

仮に相談料は有料でも良いとする場合、自分が相談したい内容をメモにしておくといいでしょう。

当サイトを監修している弁護士法人シン・イストワール法律事務所では電話・メールでの相談を無料で受け付けています。お気軽にご相談ください!

着手金

着手金というのはその弁護士に仕事を依頼した時点で発生するものです。

いわば仕事を始めるのに、支払う料金であると考えてください。

  • 10万円~20万円程度
  • 中には着手金を無料とするケースもある

着手金については養育費回収問題の難易度によって変わってきます

弁護士の見立てでほぼ勝てるだろうというケースだと着手金が少なくなることもあるのです。

逆に回収が難しいと判断されるようなケースでは、着手金が高くなる傾向があると考えてください。

基本的に弁護士とは成功報酬を大きく取るものです。

そのため養育費回収ができなければ、ほぼタダ働きといったことも考えられるので、難易度が高いほど着手金が高くなるのです。

ただし弁護士事務所によっては、養育費回収問題で悩む人の経済状況が分かっているため、着手金は無料とする場合もあります。

当サイトを監修している弁護士法人シン・イストワール法律事務所では着手金を無料で受け付けています。お気軽にご相談ください!

報酬金

次に報酬についても見ておきましょう。

報酬は最終的に養育費の回収ができた時に支払いをする費用です。

  • 10万円~20万円程度
  • 着手金がない代わりに、回収した費用の何割といったケースもある

基本的に報酬については、事前にしっかりと確認をしておくべきです。

例えば強制執行をしたようなケースだと、回収した金額の何%といった形で請求されるのが一般的だからです。

ちなみに弁護士事務所によっては、ここであげた費用以外にも日当という形で費用がかかるケースもあります。

すべて弁護士事務所で異なりますので、とにかく相談をした時に料金面については詳しく確認するようにしましょう。

原則として費用の支払いは一括払いとなっています。

ですが経済状況などによっては分割後払いを認めてくれるような弁護士事務所もあるのです。

当サイトを監修しているシン・イストワール法律事務所では報酬は毎月元配偶者から支払われる養育費の30%のみとなります。相談料や着手金は支払い不要ですのでご安心ください。

実費

最後の実費ですが、これは手続きや書類の送付代などにかかる費用です。

例えば以下のようなものがあります。

  • 養育費請求調停だと子供1人あたり手数料1200円
  • 書類を郵送したときの代金
  • 弁護士の交通費など

これらのような仕事を行う上で支払わないといけないお金については、経費として支払いをする必要があるのです。

当サイトを監修しているシン・イストワール法律事務所では報酬金以外は請求いたしません。もちろん実費の支払いも不要ですので安心してご相談ください。

弁護士へ相談する判断基準

弁護士へ相談する判断基準

では養育費回収で弁護士に相談をする時の基準は、どこにあるのかも確認しておきます。

弁護士に依頼をすることメリットはかなり多いですが、どういう基準で判断すればいいのか分からないという人も少なくありません。

そこで幾つかの条件に絞ってみましょう。

  • 着手金を支払うだけの余裕がある
  • 請求金額がある程度まとまった額である
  • 相手の情報を特定できていない

それでは順番に見ていきましょう。

着手金を支払うだけの余裕がある

最初に考えておきたいのが着手金についてです。

仕事を依頼するのに必要なお金であり、着手金の支払いができない場合は弁護士としても仕事ができません

そのため経済的に着手金の支払いが難しい時には、着手金を後払いにしてくれる弁護士事務所や着手金が無料の事務所を探してみましょう。

他にも法テラスを利用する方法があります。

法テラスでは経済的に困窮している人に対して、民事法律扶助制度が利用できるのです。

端的に言い換えると、弁護士費用を立て替えしてくれる制度のことです。

条件を満たす必要がありますが、費用負担が軽減できるのが特徴でしょう。

ただし飽くまでも立て替えですので、あとに支払いをしなくてはいけません。

請求金額がある程度まとまった額である

もう1つ養育費を幾ら回収できるのかも重要です。

弁護士に相談をするとしても、費用はかかってきます。

ですので請求額が数万円程度であるのなら、回収ができたとしても確実に赤字になってしまうでしょう。

例えば月5万円の養育費が1年間未払いであるといったようなケースだと、満額回収できれば60万円になります。

2年間未払いなら120万円なので、このくらい纏まった額が請求できるのなら赤字にはなりません。

相手の情報を特定できていない

最後に相手の情報が特定できていないケースも考えてみます。

原則として養育費回収を強制執行で行う場合は、個人情報を特定しないといけません。

相手の所在地が明確でないのなら、弁護士に依頼をして住民票の調査をする必要があるでしょう。

このように弁護士は一般人に照会できない情報もアクセスできるので、相手の情報がわからない時には効果的だと言えます。

まとめ:養育費未払い問題を相談できる4つの窓口をご紹介【相談するメリットも】

まとめ:養育費未払い問題を相談できる4つの窓口をご紹介【相談するメリットも】

未払いの養育費を回収するための相談先についてでご紹介しました。

相談先としては法テラス地方自治体の無料法律相談弁護士養育費相談支援センターなどがあります。

これらを利用して弁護士に相談するのが、一番効率的な方法だと言えるでしょう。

また「養育費の未払い問題」「養育費回収の手続き」「元配偶者からの減額請求への対応」といった養育費に関するトラブルでお困りの場合は、弁護士に相談してスムーズに問題を解決することをオススメします。

弁護士法人シン・イストワール法律事務所は、これまで数多くの養育費回収トラブルを解決に導いてきました。
豊富な経験とノウハウを知り尽くしたシン・イストワール法律事務所へ、安心してご相談ください。

当事務所では電話相談・メール相談・着手金をすべて無料で受け付けております。

養育費回収にあたってまず何をしたら良いのか分からない、という方はぜひ一度無料相談をご利用ください。

弁護士法人シン・イストワール法律事務所
わたしたちと一緒に、あなたの抱える養育費問題を解決していきましょう!

養育費の増額が決まったら、「公正証書」を必ず作成しよう
養育費を決める時に公正証書を作ったほうが良い理由【弁護士が徹底解説】

養育費の支払いをきちんと受けている世帯は非常に少ないです。 養育費の支払いに関して公正証書を残していないことが、その大き ...

続きを見る

養育費を不払いにされたときの対処法【弁護士が徹底解説】
養育費を不払いにされたときの対処法

養育費の不払いは社会的な問題になりつつあります。 養育費の取り決めをしても、支払いをしないケースが目立っているそうです。 ...

続きを見る

関連記事養育費の平均相場ってどれくらい?【子どもの人数や親の年収ごとに解説】
おすすめ養育費の未払い分の回収方法【回収期限や差し押さえ時のポイント】
おすすめ再婚したら養育費ってどうなる?【養子縁組が重要なポイントです】

養育費の未払い問題でお困りですか?
あなたの抱える養育費問題を弁護士が速攻解決

電話で無料相談する
0120-805-046

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00


直接話すのは緊張するという方はコチラ↓

メールでお問い合わせ
24時間365日受付中

  • 代表弁護士情報
yamikinstop

弁護士法人シン・イストワール法律事務所がお届けする債権回収情報サイト「リーガルクリップ」

当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、債権回収に関する有効な情報を定期的に発信しております。
まずは無料相談をご利用ください。
当事務所では「時代を先取りし、新たなリーガルサービスを開拓する」という信念の元、現代社会で放置されている様々な社会問題に光を当て、困っている方々の再建に協力したり、あるべき利益の回復に助力したりして、社会に貢献したいと考えています。
私たちがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。
シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。
「闇金問題」「養育費回収問題」でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

事務所名:弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所
所属弁護士会:第二東京弁護士会
弁護士登録番号:No. 53822
代表弁護士:山下 信章(やました のぶあき)第二東京弁護士会所属 青山学院大学法学部卒 千葉大学大学院専門法務研究科修了
電話番号:0120-501-019
注力分野:債務整理・任意整理・自己破産・個人再生・過払金・闇金被害問題・養育費回収・B型肝炎訴訟
所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階

-養育費

© 2021 弁護士法人シン・イストワール法律事務所がお届けする債権回収情報サイト【リーガルクリップ】