【口座は買取らせたらマズい?】口座買取トラブルの正しい解決方法

この記事は 4 で読めます

弁護士法人イストワール法律事務所
監修記事

口座を買取らせたらマズいのか?口座買取トラブルの解決方法

「闇金が、返済の代わりに銀行口座の買い取りを提案してきた…

もしかして、今のあなたにも同じような状況が起こっていませんか?
実は、口座を買い取らせてしまうと、あなたは犯罪者です。

この記事では、闇金に口座を買い取らせるとどうなってしまうのかをご紹介します。
さらに、口座買取トラブルに巻き込まれた場合にどうやって解決を目指せばいいのかを見ていきましょう。

1.闇金による口座買取の手口

闇金による口座買取の手口
闇金はなんらかの方法で、第三者の銀行口座を手に入れようとします

よくあるのは、口座の譲渡の報酬としてお金を支払うという騙しの手口です。
口座を譲渡してくれたら5万円支払うなど、お金に困っている人につけこむ形で口座の譲渡を要求してきます

また、すでに闇金を利用していて返済ができなくなっている人に対しては、返済をしなくてもいいから口座を譲渡するように提案してくることもあります。
カードや通帳を落としたことにすれば大きな問題にはならない、と相手を諭して口座を手に入れ悪用することを考えています

【注】なお、闇金の返済を今すぐストップしたい方は【弁護士が教える!】闇金の返済に悩んでいる人に知っておいてほしい真実をご確認ください。

口座の譲渡は違法行為

そもそも、口座を譲渡するという行為は違法であり犯罪にもなります

たとえば、新規で口座を開設してその口座を闇金に譲渡すれば詐欺罪になりますし、以前からある口座を闇金に譲渡すれば預金口座等の不正利用防止法の違反です。
さらに口座を売買する、つまり口座を譲渡してお金を受け取ることはマネーロンダリング法の違反となります。

闇金側はもちろんですが、自分自身も犯罪に手を染めてしまうことになるので、口座買取の誘いには絶対に乗っていけません。

2.口座買取によって逮捕されることも

口座買取によって逮捕されることも
闇金は口座を買い取ると、その口座を自分たちの口座として利用したりします。

利用者の口座が犯罪に悪用されるわけです。
銀行が口座を犯罪に利用されていると気付いた場合は、すぐに口座が凍結され使えなくなります。

さらに犯罪が行われているということで警察も動き出し、闇金だけでなく口座を買い取らせた自分も捜査の対象になります
先ほど紹介したように口座の譲渡は違法行為ですから、最悪の場合には自分も逮捕される可能性が出てきます。

闇金に大丈夫だからと言われ、それを信じてしまうと自分まで犯罪者になってしまう恐れがあるのです。
これが口座買取の恐ろしいリスクです。

口座買取に応じて逮捕された事例も

実際に過去には、闇金に対して口座を譲渡した人が逮捕されたケースもあります
逮捕後に起訴となれば、裁判が行われて有罪か無罪かの判決を受けることにもなります。

軽い気持ちで口座買取に応じると、後に大変なことになるのです。

3.闇金に口座を買い取らせると口座が作れなくなる

闇金に口座を買い取らせると口座が作れなくなる
闇金に自分の口座を買い取らせ、その口座が闇金の営業をはじめとした違法行為に使われると、口座が凍結されて使えなくなるだけでなく、利用者は新規に口座を作ることもできなくなります

日本のあらゆる銀行で口座が作れなくなるので、今後の生活にも大きな影響が出ます。
お金はすべて自分で保管し管理しなければならず、もちろん銀行口座からの引き落としなども利用できません。

逮捕される可能性があるのも恐ろしいことですが、口座を今後利用することも作ることもできないのも非常に恐ろしいリスクです。
違法行為をしたのは闇金で自分ではないと言いたいところですが、口座の名義は自分の名前になっているのでどうしようもありません。

【注】口座買取による実際の相談事例はこちら闇金との口座売買による被害事例

4.口座買取トラブルの解決方法は?

口座買取トラブルの解決方法は?
口座買取トラブルをどうやって解決すればいいのか、その方法をトラブルの段階別に考えてみます。
段階は、以下の状況に分けられます。

  1. 闇金に口座を買い取らせてほしいと誘われている
  2. 闇金に口座を譲渡した
  3. 譲渡後で、既に口座が凍結された

まず、口座を買い取らせてほしいと誘われている段階では、口座さえ譲渡しなければ悪用されることもありません
闇金はあの手この手で口座を譲渡するよう言ってくるはずですが、譲渡しなければトラブルが大きくなることもないので、強い意志をもって断ることが求められます。

闇金に口座を譲渡してしまった場合は、自分で銀行に連絡をして口座を解約すればそれ以上悪用されることはなくなります
口座を譲渡した直後にまずいことをしてしまったと感じたら、なるべく早く解約の手続きをし、闇金に悪用されないように対応すれば被害を抑えられます。

最後に、譲渡した口座が既に凍結されている場合です。
この時点では口座はもう闇金に悪用され、それに気付いた銀行が凍結しているので、自分で対応するのは非常に難しくなっています

凍結されているために、今後は日本全国の銀行で口座を開設することもできず、かなりの被害を受けることになります。
すぐに弁護士に相談し、どうすれば良いのかについてアドバイスを受けるのがよいでしょう。

【注】闇金のお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

まとめ

まとめ

  • 口座を譲渡すると、あなた自身が犯罪者になる
  • 闇金に渡した口座は詐欺に悪用され、あなたも犯罪に巻き込まれる
  • 口座買取のトラブルは、弁護士に相談すべし

闇金に口座を買い取らせると、口座を悪用されて最終的には自分が口座を作れなくなってしまいます
もし口座買取トラブルに巻き込まれてしまったら、慌てずにいち早く弁護士に相談し、法律的な観点からどう解決を目指せばいいのかを確認しましょう。

弁護士法人イストワール法律事務所には、闇金対応の実績・ノウハウが豊富にあります。
近年の複雑化している闇金の特徴や最新手口についても、しっかりとフォローしています。
闇金被害でお困りの方は、今すぐご連絡ください。

あなたに合わせた、最適な解決方法をご提案いたします。
電話・メールでの相談は、無料で受け付けています。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください