解決方法

風俗のワナから抜け出して借金問題を解決する方法

風俗のワナから抜け出して借金問題を解決する方法【男女両パターン】

「風俗に通いすぎて多額の借金を背負ってしまった...」
「風俗で働いているのに全然稼げない...」

風俗と借金というのは大きなテーマではないでしょうか。

男性にとっては風俗にハマることで借金を作ってしまい、他方で女性は借金から風俗で働かないといけなくなるというケースは少なくありません。

特に女性の場合は、男性よりも平均的な収入が少ないことから、生活費のために借金を繰り返してしまい、泣く泣く返済のために風俗で仕事をするケースもあります。

そこで今回は借金と風俗について解決方法も含めて確認していきます

今回のテーマ

  1. 借金と風俗の関係(男性編)
  2. 男性が風俗にハマってしまう理由
  3. 借金と風俗の関係(女性編)
  4. 風俗は高収入とは限らない
  5. バンスとは
  6. 風俗による借金を解決するには
借金で困ったことがあったら
弁護士法人シン・イストワールへ
今すぐ無料相談

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても安心してご相談ください。
弁護士法人シン・イストワール法律事務所があなたを全力で守ります

相談料無料0120-501-019

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00

 

借金と風俗の関係(男性編)

借金と風俗の関係(男性編)

では最初に男性のケースから考えてみます。

例えば風俗といっても、実はその種類は幅広いものがあります。

  1. キャバクラやクラブなどの女性とお酒を飲む系統
  2. 性風俗系統

大きくはこの2つに分類できます。

お小遣いの範囲で遊んでいるうちはいいのですが、だんだんと手練手管に騙されてしまって、本気になってしまう男性も少なくありません。

そうなると自分の生活費からもお金を出すようになり、最終的には借金を繰り返すことになるでしょう。

理性では分かっていても、止められないというのは依存性があるからです。

こうした依存性にハマってしまうと、どうにもならなくなるでしょう。

男性が風俗にハマってしまう理由

男性が風俗にハマってしまう理由

では男性が風俗にハマってしまう理由を、幾つか見ていきましょう。

  • 異性に癒やされたい
  • 性欲が抑えられない
  • 承認欲求が強い

などが代表的なものでしょうか。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

異性に癒やされたい

近代の社会はストレス社会とも言われています。

そのため仕事以外のなにかに癒やしを求める男性も少なくありません。

特に職場に異性が少ない、出会いがない男性にとってはキャバクラなども含めた風俗店に癒やしを求めてもおかしくないでしょう。

性欲を抑えられない

また性風俗にハマってしまうタイプの人は、性欲が強いというケースが多いです。

性欲が強いだけではなく、性行為に対して依存症になってしまうこともあるでしょう。

そうした場合は、自分で抑えようとしても抑えきれない可能性の方が高いです。

承認欲求を抑えられない

最後に承認欲求ですが、これは誰かに自分を認めてもらいたいという気持ちのことを指します。

誰にでもある気持ちだと言えますが、問題は普段からそうした言葉をかけられているかどうかでしょう。

当然キャバクラなどでは女性が、お客さんに対して褒めたりおだてたりします。

それが勘違いをしてしまう原因なのかもしれません。

解決件数は10,000件以上!!
あなたの抱える闇金問題を速攻解決

電話で無料相談する
0120-501-019

受付時間:午前 9:00 ~ 午後 9:00


直接話すのは緊張するという方はコチラ↓

メールで無料相談する
24時間365日相談受付中

借金と風俗の関係(女性)

借金と風俗の関係(女性)

一般的に女性は正社員であっても、男性社員よりも収入が低いことが多くなっています。

ですが求められる支出は男性と同じか、それ以上であることから、どうしても生活費に赤字が出やすいとされるのです。

こうした生活費の赤字を埋めるために、実は消費者金融を利用しているという人も少なくありません。

その返済に対して副収入が必要になることから、風俗で働くという選択肢も出てくるのでしょう。

確かにドラマなどの影響からか、風俗は楽に高額を稼げるというイメージがあるかもしれないです。

ですが実際には風俗だからと一概に、稼げるわけではありません。

風俗は高収入な訳ではない

風俗は高収入な訳ではない

前段でも触れたように風俗は、高収入のイメージはありますが、実際には高収入が保障された仕事ではありません

地域やお店などにもよるのでしょうが、そもそも風俗の仕事は原則として歩合給になっています。

そのため一握りのトップクラスになれば、それこそ月収が100万円を超えることも珍しくないそうです。

ですが入ってきた収入すべてを自分の思い通りに使える訳ではありません

  • 衣装代
  • メイク代
  • ネイル代
  • エステなどの費用

といったように必要な経費があります。

これらの経費はお店から出ませんので、すべて自腹を切らなくてはいけません。

そう考えると実は月収100万円でも、実際に使えるお金はそこまで多くならないでしょう。

つまり風俗が稼げるというイメージは、トップクラスに稼いでいる人たちの影響が強いと考えられます。

そしてトップクラスに稼いでいたとしても、経費としてかかる費用も比例して増えていくので、多くの人がイメージするほど良い生活ができる訳ではないのです。

肉体的や精神的な負担が大きい

風俗の仕事はイメージ的に楽なものだと考える人も多いですが、実際にはかなりの肉体労働だと言えます

例えばキャバ嬢として働いている場合、毎日のようにお客さんに付き合ってお酒を飲まないといけません。

多少の飲酒量なら問題ないですが、キャバ嬢の場合は勤務時間中ずっと飲み続けることになるのです。

そうした肉体的な負担は、性風俗の方が大きいでしょう。

原則として性交渉はNGなことも多いですが、お客さんを数人相手にすることになるとすれば、大変なことになってしまいます。

また同時に風俗というのは、究極の接客業と言っても過言ではありません。

そのくらいお客さんに対して、気を使う必要があるのです。

毎日のように仕事をするのなら、そのストレスの蓄積は半端ではないでしょう。

他にも職場が女性ばかりであるというのも1つのポイントです。

女性同士の付き合いというものを理解していない、分かっていても同調したくないという人は陰湿なイジメを受けるかもしれません。

こうした人間関係が嫌でやめるという人も多くいるそうです

バンスについて知っておこう

バンスについて知っておこう

社会の裏事情を描いた漫画などで偶に紹介されているのが、風俗店におけるバンスという制度です。

これは風俗店から給料を前借りして、滞納している借金の返済などを行うことを指します。

この前借り制度なのですが、基本的に全額調達できるかわかりません。

なぜなら最終的な判断は、その店舗ごとの判断で決まるからです。

ちなみにバンスでも審査が行われています

金融機関に融資の申込みをするのと同じものではありませんが、身元調査や本業の勤務先、自宅などの調査が必ず行われるそうです。

一見すると福利厚生のような見え方をするかもしれませんが、これはまったくの逆になります。

お店に縛りつけるために行われるものであり、店舗の利益を追求するために行われるものです。

1回の勤務時間は数時間以上

週の出勤日数が何日以上

お店を辞められない期間

といった条件がだされ、前借りの額が大きくなるほど条件が厳しくなっていきます

つまり風俗店は辛いから辞めたいと思っていても、バンスを利用している限りは逃亡できないようにしているのです。

また風俗店を営業しているのは反社会的組織であったり、そうでなくても関わりがあったりします。

そのため簡単に逃げ切ることはできません。

男性女性ともに風俗からの借金問題を解決するには

男性女性ともに風俗からの借金問題を解決するには

ここまで見てきたように男性なら風俗にハマることで借金を膨らませてしまい、女性は借金の問題から風俗で仕事をするのを選択肢として提示されるという状況があります。

こうした時に借金の問題さえ解決できれば、大きな問題は解決できるはずです。

ではどのようにして借金を解決するのかですが、これには債務整理が最も効果的でしょう。

債務整理とは借金の減額や借金をなかったことにする、という法律で認められた制度となります。

この制度を利用すれば、風俗で働くまたは風俗で作った借金を大きく減らせるようになるでしょう。

では債務整理について見ていきます。

債務整理を知ろう

債務整理を知ろう

債務整理というのは国が認めている借金を減額する制度です。

この債務整理について、勘違いをしている人も少なくありません。

債務整理はアルバイトだとできない

派遣・契約社員だから債務整理できない

収入が少ないからできない

などのようなことです。

確かに債務整理は金利をカットして借金の元金を圧縮した後で、3年~5年を目処に返済していく制度になります。

ですがそれは収入によって負担の少ない範囲で決められるため、雇用形態や収入が少ないからといって利用できないことはありません

債務整理には3つのタイプがある

 

債務整理には3つの方法があります。

任意整理

個人再生

自己破産

この3つにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

どの方法を選んでも良いのですが、基本的には弁護士に相談するのが一番確実な方法です。

弁護士に相談すれば、様々な面でメリットがあります。

お金を借りたところの交渉を任せられる

必要書類をすべて用意、または指示してくれる

煩雑な手続きを代わりにしてくれる

などが代表的なメリットです。

一方で費用がかかってしまうという点もあるでしょう。

ですが借金の問題を抱えているという点については弁護士も理解していますので、費用面やその支払方法なども相談にのってくれます

最近では弁護士事務所でも相談のみなら無料というところが増えていますので、債務整理の相談をしたいと言えば個々よく迎えてくれるでしょう。

借金と風俗のまとめ

借金と風俗のまとめ

まとめ

  1. 男性は風俗のワナから抜けられずに借金を背負う
  2. 女性は風俗店の厳しい縛りによって収入が足りなくなる
  3. いずれにしても債務整理が有効
  4. 債務整理を考えているなら弁護士に相談しよう!

今回は借金と風俗の関係について男女両方の側面から詳しく解説しました。

風俗に通いたいから借金を重ねてしまう男性や、逆に借金の返済に困って風俗で働く女性も少なくありません。

こうした状況に陥った時に、真っ先に頼るべきは弁護士です。

弁護士に相談することにより、現状を解決できる方法を提示してくれるでしょう。

その方法が債務整理です。

務整理を行うことで借金の減額や、借金をなかったことにできます。

債務整理のことは知っていても、アルバイトだから受けられないなどのような勘違いをしている人も少なくありません。

ですがそうした不安は当てはまらないので、先ずは弁護士に相談してみることをおすすめします。

弁護士に相談すれば、今後の方針や適切な解決方法について丁寧にサポートしてくれることでしょう。

シン・イストワール法律事務所は、これまでに数多くの借金問題を解決してまいりました。

借金問題・債務整理のノウハウや経験が豊富なシン・イストワールへ、まずはお気軽にご相談ください。

今なら電話・メールでの無料相談を受け付けております。

  • 監修専門家情報

弁護士法人シン・イストワール法律事務所がお届けする情報サイト「リーガルクリップ」

当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、情報を定期的に発信しております。
まずは無料相談をご利用ください。
当事務所では「時代を先取りし、新たなリーガルサービスを開拓する」という信念の元、現代社会で放置されている様々な社会問題に光を当て、困っている方々の再建に協力したり、あるべき利益の回復に助力したりして、社会に貢献したいと考えています。
私たちがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。
シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。
「闇金問題」「養育費回収問題」でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

事務所名:弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所
所属弁護士会:第二東京弁護士会
弁護士登録番号:No. 53822
代表弁護士:山下 信章(やました のぶあき)第二東京弁護士会所属 青山学院大学法学部卒 千葉大学大学院専門法務研究科修了
電話番号:0120-501-019
注力分野:債務整理・任意整理・自己破産・個人再生・過払金・闇金被害問題・養育費回収・B型肝炎訴訟
所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階

-解決方法

© 2021 弁護士法人シン・イストワール法律事務所がお届けする情報サイト【リーガルクリップ】