【闇金で頼りになるのは警察?】実は、いつでも助けてくれるとは限りません!

この記事は 4 で読めます

弁護士法人イストワール法律事務所
監修記事

闇金に警察は対処してくれるの?トラブル解決のために相談するべき相手とは

「闇金との問題は、警察に相談すれば大丈夫じゃないの…?」と思っていませんか。

実は警察は、よほどのケースでない限り闇金には対応してくれない場合が多いです
むしろ場合によっては、警察の介入により事態を悪化させてしまう可能性もあります。

この記事では、以下のことについて解説していきます。

  • 闇金に対して、なぜ警察は動いてくれないのか?
  • 闇金で警察が動いてくれないケースと動いてくれるケース
  • 警察が動いてくれない場合は誰に相談するべきなのか?
この記事を読めば、なぜ警察が闇金に対して動いてくれないかを知ることができます。
そして、闇金とのトラブルはどこに相談すべきか、どう対処すればいいのかが理解できるでしょう。

1.闇金との問題に警察が動かない理由

闇金に対して、なぜ警察は動いてくれないのか?

理由① 警察には民事不介入の原則があるから

警察は、闇金トラブルのような金銭問題の事件を民事事件だと判断します。
そして警察は、民事事件だと判断するものに関しては取り合ってくれない場合が多いです。

なぜなら、警察は「民事不介入の原則」というものを持っているからです。
これは、「警察は民事事件には関与しない」ということを意味しています。

たとえ闇金相手のトラブルだろうと、警察は「金銭問題は民事事件である」と判断するのです。

よって、警察に泣きついても警察は相手にしてくれない場合が多いです
相手が闇金でも法人だとしてもです。

闇金トラブルを抱えた市民が警察署に駆け込めば、「お金を借りたのはあなたでしょう」「借りるのは自己責任だ」と言われ、相手にされずむしろ説教をされるといったケースもあります。

このように、警察には民事不介入の原則があります
よって、民事事件の1つとされる金銭問題の闇金トラブルに対しては、警察は対処してくれない場合が多いのです。

理由② もっと大きな事件に備えなければいけないから

なぜ闇金という犯罪者相手のトラブルであるのにも関わらず、警察は相手にしてくれない場合が多いのでしょうか?

なぜなら、警察は「もっと大きな事件に備えなければいけない」という価値観を持っているからです。
警察にとって闇金トラブルは、小さな民事事件の1つに過ぎないのです。

警察の持つ犯罪取り締まりの価値観は、もっと極悪なケースに向いています。
警察は、殺人・麻薬・詐欺などの犯罪を取り締まるために備えなければならないと考えているのです。

したがって警察は、「闇金に関するトラブルという小さな事件には構っていてはいられない」というスタンスです。
一方で闇金は数々の刑事事件になりうる違法行為を行う犯罪者集団です。

警察の善意が状況を悪化させることも

警察が、善意から相談者を助けようと闇金に電話をかけ対処を試みてくれる場合もあります。

しかし、その電話を闇金が相手にせず終わるケースがほとんどです

なぜなら、闇金は警察による介入に物怖じしないからです

闇金は居場所を特定されないよう携帯電話を頻繁に切り替えたり、居場所を点々とさせています。
ですから、一度電話されたくらいでは痛くもかゆくもないのです。

むしろ警察が電話をすることで闇金を逆上させてしまう場合もあります
「家族や職場にまで嫌がらせが及んでしまう」などといった、闇金からの嫌がらせや取り立てが激しくなるケースも存在します。

闇金が警察を相手にしないため、せっかくの警察の善意がむしろ事態を悪化させかねないのです。

2.闇金で警察が動いてくれないケース・動いてくれるケース

闇金で警察が動いてくれないケースと動いてくれるケース

① 闇金で警察が動いてくれないケース

闇金は、警察が日頃から向き合っている凶悪犯罪からすれば小さな事件です。

闇金に関しては動いてくれないことがほとんどです

闇金から被害を受けていますと伝えても、警察は「これは借金問題なので民事事件であり、被害届を受理する必要はない」と解釈してしまうのです。

闇金が法を犯して取り立てや嫌がらせを行なっている明確な証拠がない限り、警察を動かすことは難しいでしょう。

② 闇金で警察が動いてくれるケース

動いてくれるケースは、警察が弁護士経由で「これは刑事事件である」と認識した場合です。
なぜなら、警察は刑事事件だと認識したものに対しては対処しなければならないからです。

そして、弁護士は法律を法律として機能させることが仕事です。
つまり「事件を刑事事件であると示すこと」が仕事です。
弁護士に刑事事件であり法律が破られた事件が存在すると伝えられれば、警察も動かざるを得ません

このように、警察が「これは刑事事件だ」と判断した事件に対しては、警察は対処してくれます。
そして、弁護士は事件を刑事事件だと警察に認識させることができるのです

3.警察が動いてくれない場合は、誰に相談すればいいの?

闇金問題・・警察が動いてくれない場合は、誰に相談すればいいのか?
警察が動いてくれない場合は、闇金の問題解決に強い弁護士に相談するべきです。

なぜなら弁護士には警察に事件を刑事事件だと認識させて、警察を動かす力があるからです

そうすることで、弁護士が警察にかけあって警察と一緒に闇金トラブルを解決してくれます。
そもそも闇金に特化した弁護士であれば、警察に頼らずとも闇金トラブルに対処することが可能です

弁護士では手のつけられないほどの極悪なケースの場合でも、弁護士や警察に刑事事件であると主張すれば警察は動かざるを得ません。

弁護士が頼れば、弁護士と警察がタッグを組み、闇金トラブルを解決することができます。
よって、弁護士に相談して警察を動かすべきなのです。

【注】闇金のお悩みで弁護士をお探しの方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

まとめ:闇金の相談は、警察の前に弁護士へ

闇金トラブルは、警察の前に弁護士に相談を。
このように、警察が闇金に対して動かない場合が多いことには理由があります。

  • 民事不介入の原則があるから
  • もっと大きな事件に備えなければいけないから
しかし、弁護士に相談すれば弁護士による直接解決が可能です
警察の力が必要な極悪なケースであっても、弁護士が警察に掛け合えば警察は動いてくます。

闇金との間でトラブルを抱えたら、一刻も早く弁護士に相談することが賢明な判断と言えます。

また闇金問題は、闇金に強い弁護士へ依頼しましょう。
闇金に慣れている弁護士であれば、スピード感をもってトラブル解決ができます。

弁護士法人イストワール法律事務所では、闇金被害の相談は無料です。
あなたの事情に合わせて、適切な解決方法をご提案いたします。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください