闇金の手口と種類を大公開!!【闇金に強い弁護士が徹底解説!】

この記事は 7 で読めます

シン・イストワール法律事務所
監修記事

闇金とのトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説します

闇金の手口は、日々変化していっています。
もしかするとあなたも、気づかぬうちに闇金と関わってしまっているかもしれません。

この記事では、最近も被害が多い闇金の手口6つをご紹介します。
まずは記事を読んで、トラブル解決へ向けた第一歩を踏みだしましょう。

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と闇金から言われても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを闇金から全力で守ります

\ 受付は9:00~21:00 /

1.そもそも闇金とは?


闇金と言われて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?

「なんだか怖そう
「ものすごく利息が高そう

ほとんどの方がそんな印象を持っているかと思います。

闇金とは、簡単に言うと法律を無視して高い利息で融資をおこなう業者のことです。
具体的には、貸金業法出資法という二つの法律に違反していることが多いでしょう。

まず貸金業法では、国や都道府県へ登録しなければ貸金業をしてはいけないと決められています。
もちろん闇金は、貸金業者として正式に登録をしていません

もう一つの出資法では、お金を融資するときの上限金利が決められています。

とくに出資法第5条2項において、その上限金利は年利で20%に制限されます。
ちなみに年利が20%だと、毎月の利息はどれくらい発生するのでしょうか?
たとえば、残っている返済額が30万円で年利が20%である場合、月々では4,931円の利息が発生します。

つまり、当然のように元金を返済しながらも、その返済に加えて毎月4,931円を利息として支払わなければならないのです。

貸金業者として登録をせず法定利息も無視して融資をおこなう。
それが、闇金なのです。

なお、一つでも法律が守れていなければ、その業者は闇金といえます。
「低い金利で融資します!」などの誘い文句があったとしても、業者として正式に登録されていなければそれは闇金です。

一方で、きちんと登録されている業者でも、法外な金利を要求するのであればそれも闇金です。
闇金は、あの手この手をつかって利用者をだましてくるのです。

2.もしかすると、あなたも闇金を利用しているかも…?

2.もしかすると、あなたも闇金を利用しているかも…?
相手が闇金かどうかを見極めるポイントは、主に二つです。

  1. 闇金は、貸金業者として登録をしていない
  2. 闇金は、法外に高い金利で融資をする

しかし実は、闇金を見分けるポイントがほかにもあります

それは、闇金がよく使う手口です。

闇金は、正体をうまく隠してあなたに近づきます。
それでも手口さえ理解できていれば、あなたがだまされてしまう可能性も減るでしょう。

ここからは、よくある闇金の手口について解説します。

  1. 都(1)金融
  2. 090金融
  3. クレジットカードの現金化
  4. 金貨金融
  5. 車金融
  6. LINE闇金

あなたにも心当たりがないか、この場でチェックしてみてください。

① 都(1)金融(=トイチ金融)

都(1)(=トイチ)とは?

簡単にいうと都(1)とは、東京都へ正式に登録してから3年未満である貸金業者のことです。

都知事からの許可をきちんともらっていても、貸金業者としての営業期間はまだ長くありません。
また貸金業者として営業を続けるには、初回の登録後も3年ごとに更新しなければなりません

つまり都(1)業者は、貸金業を始めてから一度も東京都からのチェックを受けていない状態なのです。

都(1)業者としての最初の登録は、闇金にとってそれほど難しくありません
それにも関わらず、東京都から許可がでているのは事実なので、利用者としては都(1)業者を信頼してしまいがちです。

ここにワナがあるのです。

都(1)の業者だったら、安心していい?

もしも、あなたがこれから利用する貸金業者が都(1)に登録されているとしたら。
このように感じませんか?

都(1)なら東京都からの許可も出ているし、この業者は安心して利用できる

このように安易に考えてしまったあなたは、闇金に要注意です

繰り返しますが、都(1)業者は東京都への登録をまだ一度だけしか済ませていません。
つまり、貸金業者としての実績はかなり少なくその実態も明らかでないのです。

都(1)金融のなかにも、実は多くの闇金がひそんでいます

  • 融資のとき、正式な契約書が作成されない
  • 低い利息での融資を宣伝していても、実際には法定金額をはるかに超えた利息を請求してくる

正式な登録さえ済ませられれば、その後しばらくは自由に営業ができます。
その期間で悪質な契約を重ねて、実態がばれるまで利用者からどんどんお金をだましとるのです。

都(1)として登録をしていても、相手が闇金ではないという保証はありません
あなたが利用している業者も闇金の可能性がないか、もう一度確認しましょう。

② 090金融

090金融とは?

固定電話ではなく、携帯電話の番号を業者番号として登録している貸金業者のことです。

街中の勧誘チラシに090から始まる番号が印刷されているのを、よく見かけませんか?
実は、私たちがよく見る闇金業者のほとんどは090金融に該当します。

さらに090金融が使う番号はほぼ、闇金が不正に入手した携帯電話の番号です。

090金融の特徴

090金融の融資には、主に二つの特徴があります。

  • 融資が、10万円未満と少額である
  • 返済期日が、即日・翌日~1ヶ月程度と短期である

多くは、お金に困っている人が気軽に利用したくなるような条件が設定されています。

「ほかでは融資が受けられないブラックの方でもOK!
即日融資!低い金利で融資します!」

こんな宣伝文句を使って、まずは利用者をおびき寄せます。
そして、融資を申し込むときになって急に条件を変えてくるのです。

信用がないから、低い金利では貸せない。

結局は信頼ができないという理由で、予定より少額しか融資してもらえなかったり、金利を異常に高く設定されることがよくあります。

また090金融業者の多くは、固定電話は当然のこと店舗すら持たず、業者としての登録もしていません
それゆえ、その実態もなかなか掴めないのです

③ クレジットカードの現金化

クレジットカードには、キャッシング枠ショッピング枠という2種類の融資枠があります。
クレジットカード現金化を手口とする闇金は、クレジットカードのショッピング枠を利用した融資を行います。

具体的な事例をご紹介します。
まず融資を申し込んだ人は、パソコンや家電製品など高額商品をクレジットカードで購入するように闇金から指示されます。

次に、その購入した商品をある住所へ発送するよう、闇金は購入者に指示します。
さらにここで、「商品の到着が確認できたら、商品の購入額の9割でその商品を買い取る」と闇金は購入者へ伝えます。

商品を買った融資申込者は、指示された通りに商品を送ります。
そして商品が到着した段階になって、闇金が急に発言を変えるのです。

買取金額は7割だ」
「商品の査定料が追加でかかる

闇金の言い訳を聞いているうちに、気づいたら申込者が受け取れる金額は予定をはるかに下回ってしまうのです。

クレジットカードを利用して融資すると言われたときには、この手口を思い出してください。
結局は、あなたが損をさせられてしまいます。

④ 金貨金融

金貨金融とは、金貨を使って不当に融資をする業者のことです。

まずはじめに金貨金融は、金貨を相場より高い価格で融資申込者に売りつけます。

しかし、そもそも申込者はお金が足りなくて融資をお願いしているわけなので、金貨を購入できません。
そこで金貨金融は、いわゆるツケ申込者に金貨を買わせます

次に、金貨を手に入れた申込者は金貨ショップへいき、金貨を売って換金します。
このとき、申込者は一時的に現金を手に入れることができるのです。

しかしそのあと、申込者はツケを支払わなければなりません。
そもそも相場より高く金貨を買っているので、金貨を売るときに手に入れられる金額はツケの額よりも少なくなります

金貨金融の利用者は、一時的に現金を手に入れられますが、ツケを支払うことで最終的には損をするのです。
金貨金融の悪質さは、闇金とほとんど変わりません

もしあなたも、貸金業者との話に金貨が出てきたら、絶対に手を出さないように注意しましょう。

⑤ 車金融

車金融とは?

車金融とは、自動車を担保にして融資をする闇金です。
一般的な闇金と同じように、法律を完全に無視した高い金利が設定されます。

車金融の特徴

車金融の手口では、担保に出された自動車の時価よりもかなり少ない金額が融資されます。

たとえば、時価60万円の自動車を担保にして、20万円しか融資してもらえないという事例もあります。
さらに、滞納をせずにきちんと完済したにも関わらず、担保で出した自動車が売り飛ばされてしまう悪質なケースもあります。

⑥ LINE闇金

LINE闇金とは

LINE闇金では、一連のやり取りをLINEで行うのが特徴です。

やり取りがLINEである以外は、一般的な闇金と変わりません。
全てのやり取りがLINEでできてしまうため、その手軽さから利用者は軽い気持ちで申し込んでしまいがちです。

一方で、LINE闇金における金利は闇金そのものであり、法外に高く設定されています。
そして当然のこと返済が滞ってくると、一日に何十、何百という数の連絡がLINEに届きます。

利用者は、あまりにも多いLINEの通知に困り果て、ついついLINEをブロックしてしまいがちです。

しかし、LINEのブロックは非常に危険です。
闇金はブロックされたことを知ると、今度は自宅や職場に直接乗り込んで取り立てをしてくるのです。

また、LINEアカウントを乗っ取られてしまうリスクもあります。
アカウントが乗っ取られると詐欺行為に悪用されるなど、友人に迷惑をかけてしまうこともあります。

LINE闇金には、絶対に手を出してはいけません

闇金に心当たりはありませんか?

ここまで、闇金によくある手口をご紹介してきました。

「この手口…まさに自分のことかもしれない…」

そんな感覚をもった方もいるかもしれません。
たとえ、もし心当たりがなかったとしても、自分が利用している借入の利息をいま一度確認してみましょう。

法定利息をはるかに超えた金利であれば、相手が闇金である可能性は非常に高いです。

「自分には関係ない話だ。」

あなたは本当にそう言い切れますか?
少しでも不安に感じたなら、今すぐ行動にうつしていきましょう。

まとめ

まとめ

  • 世の中にはさまざまな種類の闇金がいる
  • 自分で闇金に立ち向かおうとするのは危険
  • 闇金トラブルを解決する近道は、弁護士に相談すること

闇金からの激しい取り立てに毎日おびえ生きた心地がしないという方もいるでしょう。
しかし、その恐怖から目を背けていては問題は解決しません。
それどころか、事態はさらに深刻な問題へと発展していきます

まずは、闇金対応に強い弁護士へ相談することから始めてみましょう。
そうすることで、平穏な日常生活を取り戻せるはずです。

少なくとも、解決への確実な第一歩となることは間違いありません。
弁護士を正しく選べるかどうかで、闇金問題の解決スピードは変わってきます。

シン・イストワールには闇金対応の実績やノウハウが豊富にありますので、安心してご相談ください

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。