闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説します

この記事は 12 で読めます

弁護士法人イストワール法律事務所
監修記事

闇金とのトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説します

闇金とかかわってしまい、さまざまなトラブルに悩まされていませんか?

実はそのお悩み、弁護士に相談することで解決できます
なぜなら、闇金は弁護士を恐れているからです。

この記事では、闇金トラブルを弁護士に相談すべき理由を解説します。
まずは記事を読んで、トラブル解決へ向けた第一歩を踏みだしましょう。

1.そもそも闇金とは?


闇金と言われて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?

「なんだか怖そう
「ものすごく利息が高そう

ほとんどの方がそんな印象を持っているかと思います。

闇金とは、簡単に言うと法律を無視して高い利息で融資をおこなう業者のことです。
具体的には、貸金業法出資法という二つの法律に違反していることが多いでしょう。

まず貸金業法では、国や都道府県へ登録しなければ貸金業をしてはいけないと決められています。
もちろん闇金は、貸金業者として正式に登録をしていません

もう一つの出資法では、お金を融資するときの上限金利が決められています。

とくに出資法第5条2項において、その上限金利は年利で20%に制限されます。
ちなみに年利が20%だと、毎月の利息はどれくらい発生するのでしょうか?
たとえば、残っている返済額が30万円で年利が20%である場合、月々では4,931円の利息が発生します。

つまり、当然のように元金を返済しながらも、その返済に加えて毎月4,931円を利息として支払わなければならないのです。

貸金業者として登録をせず法定利息も無視して融資をおこなう。
それが、闇金なのです。

なお、一つでも法律が守れていなければ、その業者は闇金といえます。
「低い金利で融資します!」などの誘い文句があったとしても、業者として正式に登録されていなければそれは闇金です。

一方で、きちんと登録されている業者でも、法外な金利を要求するのであればそれも闇金です。
闇金は、あの手この手をつかって利用者をだましてくるのです。

2.もしかすると、あなたも闇金を利用しているかも…?

2.もしかすると、あなたも闇金を利用しているかも…?
相手が闇金かどうかを見極めるポイントは、主に二つです。

  1. 闇金は、貸金業者として登録をしていない
  2. 闇金は、法外に高い金利で融資をする

しかし実は、闇金を見分けるポイントがほかにもあります

それは、闇金がよく使う手口です。

闇金は、正体をうまく隠してあなたに近づきます。
それでも手口さえ理解できていれば、あなたがだまされてしまう可能性も減るでしょう。

ここからは、よくある闇金の手口について解説します。

  1. 都(1)金融
  2. 090金融
  3. クレジットカードの現金化
  4. 金貨金融
  5. 車金融
  6. LINE闇金

あなたにも心当たりがないか、この場でチェックしてみてください。

① 都(1)金融(=トイチ金融)

都(1)(=トイチ)とは?

簡単にいうと都(1)とは、東京都へ正式に登録してから3年未満である貸金業者のことです。

都知事からの許可をきちんともらっていても、貸金業者としての営業期間はまだ長くありません。
また貸金業者として営業を続けるには、初回の登録後も3年ごとに更新しなければなりません

つまり都(1)業者は、貸金業を始めてから一度も東京都からのチェックを受けていない状態なのです。

都(1)業者としての最初の登録は、闇金にとってそれほど難しくありません
それにも関わらず、東京都から許可がでているのは事実なので、利用者としては都(1)業者を信頼してしまいがちです。

ここにワナがあるのです。

都(1)の業者だったら、安心していい?

もしも、あなたがこれから利用する貸金業者が都(1)に登録されているとしたら。
このように感じませんか?

都(1)なら東京都からの許可も出ているし、この業者は安心して利用できる

このように安易に考えてしまったあなたは、闇金に要注意です

繰り返しますが、都(1)業者は東京都への登録をまだ一度だけしか済ませていません。
つまり、貸金業者としての実績はかなり少なくその実態も明らかでないのです。

都(1)金融のなかにも、実は多くの闇金がひそんでいます

  • 融資のとき、正式な契約書が作成されない
  • 低い利息での融資を宣伝していても、実際には法定金額をはるかに超えた利息を請求してくる

正式な登録さえ済ませられれば、その後しばらくは自由に営業ができます。
その期間で悪質な契約を重ねて、実態がばれるまで利用者からどんどんお金をだましとるのです。

都(1)として登録をしていても、相手が闇金ではないという保証はありません
あなたが利用している業者も闇金の可能性がないか、もう一度確認しましょう。

② 090金融

090金融とは?

固定電話ではなく、携帯電話の番号を業者番号として登録している貸金業者のことです。

街中の勧誘チラシに090から始まる番号が印刷されているのを、よく見かけませんか?
実は、私たちがよく見る闇金業者のほとんどは090金融に該当します。

さらに090金融が使う番号はほぼ、闇金が不正に入手した携帯電話の番号です。

090金融の特徴

090金融の融資には、主に二つの特徴があります。

  • 融資が、10万円未満と少額である
  • 返済期日が、即日・翌日~1ヶ月程度と短期である

多くは、お金に困っている人が気軽に利用したくなるような条件が設定されています。

「ほかでは融資が受けられないブラックの方でもOK!
即日融資!低い金利で融資します!」

こんな宣伝文句を使って、まずは利用者をおびき寄せます。
そして、融資を申し込むときになって急に条件を変えてくるのです。

信用がないから、低い金利では貸せない。

結局は信頼ができないという理由で、予定より少額しか融資してもらえなかったり、金利を異常に高く設定されることがよくあります。

また090金融業者の多くは、固定電話は当然のこと店舗すら持たず、業者としての登録もしていません
それゆえ、その実態もなかなか掴めないのです

③ クレジットカードの現金化

クレジットカードには、キャッシング枠ショッピング枠という2種類の融資枠があります。
クレジットカード現金化を手口とする闇金は、クレジットカードのショッピング枠を利用した融資を行います。

具体的な事例をご紹介します。
まず融資を申し込んだ人は、パソコンや家電製品など高額商品をクレジットカードで購入するように闇金から指示されます。

次に、その購入した商品をある住所へ発送するよう、闇金は購入者に指示します。
さらにここで、「商品の到着が確認できたら、商品の購入額の9割でその商品を買い取る」と闇金は購入者へ伝えます。

商品を買った融資申込者は、指示された通りに商品を送ります。
そして商品が到着した段階になって、闇金が急に発言を変えるのです。

買取金額は7割だ」
「商品の査定料が追加でかかる

闇金の言い訳を聞いているうちに、気づいたら申込者が受け取れる金額は予定をはるかに下回ってしまうのです。

クレジットカードを利用して融資すると言われたときには、この手口を思い出してください。
結局は、あなたが損をさせられてしまいます。

④ 金貨金融

金貨金融とは、金貨を使って不当に融資をする業者のことです。

まずはじめに金貨金融は、金貨を相場より高い価格で融資申込者に売りつけます。

しかし、そもそも申込者はお金が足りなくて融資をお願いしているわけなので、金貨を購入できません。
そこで金貨金融は、いわゆるツケ申込者に金貨を買わせます

次に、金貨を手に入れた申込者は金貨ショップへいき、金貨を売って換金します。
このとき、申込者は一時的に現金を手に入れることができるのです。

しかしそのあと、申込者はツケを支払わなければなりません。
そもそも相場より高く金貨を買っているので、金貨を売るときに手に入れられる金額はツケの額よりも少なくなります

金貨金融の利用者は、一時的に現金を手に入れられますが、ツケを支払うことで最終的には損をするのです。
金貨金融の悪質さは、闇金とほとんど変わりません

もしあなたも、貸金業者との話に金貨が出てきたら、絶対に手を出さないように注意しましょう。

⑤ 車金融

車金融とは?

車金融とは、自動車を担保にして融資をする闇金です。
一般的な闇金と同じように、法律を完全に無視した高い金利が設定されます。

車金融の特徴

車金融の手口では、担保に出された自動車の時価よりもかなり少ない金額が融資されます。

たとえば、時価60万円の自動車を担保にして、20万円しか融資してもらえないという事例もあります。
さらに、滞納をせずにきちんと完済したにも関わらず、担保で出した自動車が売り飛ばされてしまう悪質なケースもあります。

⑥ LINE闇金

LINE闇金とは

LINE闇金では、一連のやり取りをLINEで行うのが特徴です。

やり取りがLINEである以外は、一般的な闇金と変わりません。
全てのやり取りがLINEでできてしまうため、その手軽さから利用者は軽い気持ちで申し込んでしまいがちです。

一方で、LINE闇金における金利は闇金そのものであり、法外に高く設定されています。
そして当然のこと返済が滞ってくると、一日に何十、何百という数の連絡がLINEに届きます。

利用者は、あまりにも多いLINEの通知に困り果て、ついついLINEをブロックしてしまいがちです。

しかし、LINEのブロックは非常に危険です。
闇金はブロックされたことを知ると、今度は自宅や職場に直接乗り込んで取り立てをしてくるのです。

また、LINEアカウントを乗っ取られてしまうリスクもあります。
アカウントが乗っ取られると詐欺行為に悪用されるなど、友人に迷惑をかけてしまうこともあります。

LINE闇金には、絶対に手を出してはいけません

闇金に心当たりはありませんか?

ここまで、闇金によくある手口をご紹介してきました。

「この手口…まさに自分のことかもしれない…」

そんな感覚をもった方もいるかもしれません。
たとえ、もし心当たりがなかったとしても、自分が利用している借入の利息をいま一度確認してみましょう。

法定利息をはるかに超えた金利であれば、相手が闇金である可能性は非常に高いです。

「自分には関係ない話だ。」

あなたは本当にそう言い切れますか?
少しでも不安に感じたなら、今すぐ行動にうつしていきましょう。

3.闇金問題は誰に相談すべきなの?そのイチオシを教えます

自力での解決はかなり難しい

闇金の取り立ては、とても恐ろしいものです。
何度も執拗に取り立てられるのはもちろん、自宅や実家職場にまで押しかけてきたりします。

「早く返済しなければ、さらに恐ろしことになる…」

闇金は利用者の恐怖心をあおってどんどん返済するよう仕向けるのです。
そのうちに、利用者の多くは精神的にまいってしまい冷静かつ正常な判断ができなくなります

恐怖心のあまり闇金の言いなりになり、関係を断ち切れずに悪循環におちってしまうのです。
本来であれば、毅然として闇金に対応すべきところですが、一人では逆に力尽きてしまいます

一人で闇金問題を解決するのは、無謀です。

【注】実際にあった闇金トラブルの相談事例はこちら闇金生活から抜け出せなくなってしまった事例

暴力や脅迫を受けている場合はどうしたらよい?

闇金が暴力を振ったり脅してくるといった場合には、早急に対処が必要です。

このとき、有効なのは警察へ相談することです。
ただし注意しておくべきなのは、警察はすぐに動けないということです。

警察は、違法であるという明確な証拠がなければ動けないのです。
つまり、警察に動いてもらうためには被害を受けた事実を証明しなければいけません

この証拠集めの作業は、精神的に深いダメージを負った利用者にとって非常に大きな手間や負担となります。
警察に相談したとしても警察を動かすのに時間がかかり、その間にも被害がどんどん大きくなってしまうこともあるでしょう。

ではだれに相談したらよいの?

  • 自分で解決することは、闇金が逆上することもあり非常に危険である
  • 警察へ相談しても、解決に時間がかかる可能性が高い
「では、だれに相談したらいいの…?」

あなたが一番最初に頼るべきなのは、弁護士です。
まずは弁護士に相談しましょう

また闇金対応の実績が豊富な弁護士であれば、すぐにでも闇金の取り立てをストップできます
さらに警察へ相談する場合にも、法律の専門家である弁護士が闇金の違法行為を証明してくれるのです。

「闇金からの借金は返済をしなくてもいい」って本当?

「闇金から借りたお金は返済しなくてもよい」というのは、本当です
元金や利息は、一切を返済しなくてよいのです。

「借りたお金なのだから、さすがに何も返さないのはマズいんじゃないの…?

利用者としては、そう感じるかもしれません。
しかし、考えてみてください。

そもそも、闇金と契約したときの条件が違法でした。
そして違法な内容では、有効な契約であるとみなされないのです。

したがって、無効な融資である元本を返済する必要はありません
当然、無効な融資に対して利息も発生しません

このような無効な融資は、不法原因給付と呼ばれます。
法律上で、返済しなくてもよいと定められています。

ただし、闇金なかには最後の最後までお金を回収しようとする業者もいます。

借りたものを返さないなんて、絶対に許さない!
「5万円を支払ってくれれば、借金の全額をチャラにしてやる

そんな脅し文句で、あなたに支払いを迫ることでしょう。

しかし、絶対にここで要求に応じてはいけません
もしも要求に応じてしまうと、闇金はどう思うでしょうか?

「こいつは脅せば、まだまだ回収できる!」

そして闇金の脅しは、さらに大きくなってしまいます
どんな理由があろうと闇金にお金を支払う必要はないのです。

闇金に返済した金銭は取り戻せるの?

闇金からの借金は不法原因給付であるために返済をしなくてよいということは、ご理解いただけたと思います。
では、それまでに支払ってしまった分は取り返せるのでしょうか?

答えからいうと、法的には取り戻すことができます
実際に、支払いの取り戻しを認める判例が裁判所からも出ています。

ただし闇金にとっては、貸した金を返してもらえないどころか、自分からさらにお金を払わなければならないのです。
まさしく、闇金は踏んだり蹴ったりの状態です。

そういった事情もあり、返済分を取り返すのは正当な権利といえど、実際に返してもらうのは簡単ではありません

4.闇金対応を弁護士にお願いすべき理由

4.闇金対応を弁護士にお願いすべき理由

闇金相談の窓口はいろいろある…?

  • 警察
  • 消費生活センター
  • 各自治体の相談窓口
これらの機関が相談先の選択肢の一つであることは、間違いありません。
しかし、それぞれには難点もあります。

警察は決定的な証拠がないと動いてくれません。
消費生活センターや自治体の窓口では、相談に乗ってはくれても解決への具体的なアクションがあまり伴いません。

では一体、どこに相談するのが一番効果的なの?

闇金でお困りであれば、まずはやはり弁護士に相談することをおすすめします。

また、闇金対応に強い弁護士に相談することが一番のポイントです。

ひとくちに弁護士といっても、交通事故、刑事事件、離婚、相続、借金問題など、得意・不得意な分野がそれぞれにあります

特に闇金問題では、すべての弁護士に闇金対応の経験があるわけではありません
闇金対応は取り扱っていないという弁護士も実際にいます。

したがって、どの弁護士に相談するか慎重に検討しましょう
やはり闇金問題の実績が豊富であれば、よい結果を得られる可能性が高いでしょう。

弁護士に依頼したらどうなるの?

弁護士に依頼すると、その弁護士が闇金と直接交渉してくれます

つまり、自分は闇金と接触せずに闇金問題を解決できるのです。

さらに闇金対応が得意な弁護士であれば、スピーディーに解決できる可能性も大きいでしょう。

弁護士に依頼したときのメリットや効果は?

弁護士へ依頼することには、大きなメリットがあります。

  • 自分が闇金と関わる必要がなくなる
  • 取り立てがストップする!
  • 闇金へ返済をつづけなくて済む
  • すでに闇金へ支払った分について返還を要求できる
相談者が弁護士へ解決を依頼するとまずは、受任通知(弁護士介入通知)が弁護士から闇金業者に発送されます。

これにより、闇金は以下の事実を知ります。

  • 弁護士が闇金と利用者の間に入り、代理人となったこと
  • 闇金利用者への今後の取り立てや接触は、一切禁止となること

さらに弁護士は、これまでに支払った分に対する返還請求も行います。

ほとんどのケースにおいて、弁護士が介入した途端闇金は大人しくなります
これまで四六時中とまらなかった取り立ても、嘘のように止まります

ただし、なかには簡単に引き下がらない闇金がいるのも事実です。
そんな場合も、闇金の対応になれている弁護士に依頼しておけば、悪質な闇金に対しても徹底的に戦ってくれるでしょう。

闇金以外からの借金はどうしたらよいの…?

闇金を利用してしまう方の多くは、闇金だけでなく一般の消費者金融などからも借入をしていることでしょう。

例えば、もしあなたが複数の業者から借り入れをしている状況であれば、このように考えはしないでしょうか?

「闇金問題も解決してほしいけど、ほかの業者への借金問題もなんとかできないかな…?

このとき弁護士なら、必要に応じて借金問題の根本的な解決を手伝うことも可能です。
一般の消費者金融への借金についても、任意整理自己破産個人再生など幅広い解決策を提案することができます

闇金問題は解決できても、それ以外の借金問題が残っていたら、またお金を借りるハメになってしまいます
結果としてまた闇金から融資を受けてしまうような悪循環だけは、絶対に避けましょう

5.どうやって弁護士を見つけるの?

5.どうやって弁護士を見つけるの?
ここで、闇金対応を得意とする弁護士の見分け方についてご説明します。
「闇金対応が得意です!」と弁護士が宣伝していたとしても、それ言葉だけを信じて弁護士を決めるのはよくありません

もう一歩踏み込んで、闇金問題に対してどのような体制で解決していくのかを見極めましょう。
具体的なポイントは、以下の4つです。

  • 闇金対応の実績が豊富であること
  • 24時間いつでも対応してくれること
  • 対応エリアが全国であること
  • 問題解決後のアフターフォローが万全であること

闇金対応の実績が豊富であること

まずは、解決実績が豊富であることとても重要です。
解決実績が多ければ多いほど、闇金問題における注意点や解決のノウハウを知っているはずです。

できるだけ闇金問題の解決実績を数多くもっている弁護士を選びましょう。

24時間いつでも対応してくれること

あなたが「相談したい!」と思ったときに、弁護士がすぐに対応してくれるかとても重要です。

闇金問題では、相談者が闇金から激しい取り立てを受けている真っ最中ということも考えられます。
このように精神的に追い込まれかねない状態であれば、弁護士もスピード感をもって解決していかなければなりません

24時間のサポート体制が整っていることは、相談者の心の支えになるでしょう。

対応エリアが全国であること

あなたは闇金の激しい取り立てに困り果てているなか、弁護士からこんなことを言われたらどうでしょうか?

「うちは東京都内だけしか対応しておりませんので、お受けできません」

精神的にかなりつらいのは間違いありません。

もしも弁護士の対応エリアに制限があると、場合によっては解決がうまく進まない可能性があります
特に闇金業者は、拠点をなかなか特定できないこともあります。

そんなときにも、全国対応フットワーク軽く迅速に対応してくれる弁護士を選んでおけば安心でしょう。

問題解決後のアフターフォローが万全であること

依頼を受けた弁護士は、まず闇金宛てに受任通知を送ります。
その通知は、「今後、本人に対する一切の取り立てや接触を禁じる」という内容です。

通常であれば、それまでの激しい取り立ては止まります。
しかし稀に、取り立てを止めなかったり、あるいは一旦止めたとしても再び取り立てを始める闇金も存在します。

このように対処が順調にいかない事態が起こっても、最後まできちんと対応をしてくれる弁護士を選ばなければなりません。
追加費用もなしでアフターフォローが充実している弁護士であれば、なお良いでしょう。

逆に、依頼してはいけない弁護士は…?

実は、裏で闇金とつながっている弁護士も存在します。
もし、そんな弁護士に依頼してしまったら、それこそ闇金問題を解決するどころではありません。
自身の個人情報が利用されて、被害はさらに拡大してしまうでしょう。

闇金とつながっている弁護士の特徴は、スバリこれです。

  • 弁護士費用(依頼料)が極端に安い
「借金するほどお金がないのだから、弁護士費用も少しでも安いところに依頼したい!

そんな相談者の気持ちにつけ込んでビジネスをする、悪徳な弁護士もいます。

「安かろう悪かろう」という言葉のとおり、弁護士費用が極端に安いところへの依頼は避けるべきです。
闇金問題を解決しようと必死の思いで依頼しているのに、それを利用して被害をさらに深刻化させるのは絶対に許せません

甘い言葉をつかった悪徳弁護士には充分に気を付けてください。

まとめ

まとめ

  • 世の中にはさまざまな種類の闇金がいる
  • 自分で闇金に立ち向かおうとするのは危険
  • 闇金トラブルを解決する近道は、弁護士に相談すること

闇金からの激しい取り立てに毎日おびえ生きた心地がしないという方もいるでしょう。
しかし、その恐怖から目を背けていては問題は解決しません。
それどころか、事態はさらに深刻な問題へと発展していきます

まずは、闇金対応に強い弁護士へ相談することから始めてみましょう。
そうすることで、平穏な日常生活を取り戻せるはずです。

少なくとも、解決への確実な第一歩となることは間違いありません。
弁護士を正しく選べるかどうかで、闇金問題の解決スピードは変わってきます。

弁護士法人イストワールには闇金対応の実績やノウハウが豊富にありますので、安心してご相談ください

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください