【Facebookに闇金?】SNSから個人情報が漏れてるって本当?

「闇金が自分の友人や職場に取り立てをしている…」
「なぜか闇金が友人の個人情報を知っている」

闇金の取り立て被害が、あなたの周辺にまで及んでしまうことは少なくありません。
業者に友人関係を教えていないのに、なぜ友人や職場と連絡を取ることができるのでしょうか。

そして闇金はどのようにして交友関係の情報を手に入れたのでしょうか?

その答えはSNS、特にFacebookが原因です。

この記事では、Facebookが闇金に悪用される手口やその危険性についてわかりやすく解説していきます。

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

「弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを全力で守ります!

\ 受付は9:00~21:00 /

1.ソフト闇金や個人間融資だからといって安心してはいけない

ソフト闇金や個人間融資だからといって安心してはいけない。

この見出しのテーマ
  1. 闇金はSNSから個人情報を入手する
  2. SNSの中でもFacebookは特に危険!

ソフト闇金個人間融資といった比較的やさしい闇金であれば、たとえ返済が遅れても取り立てはそれほど厳しくないでしょう。

だからといって安心はできません。
いくらやさしいとはいえ、相手は賃金業者です。

こう言ったタイプの闇金は、利用者の交友関係を脅しのネタにして、返済を迫るケースが非常に多いからです。

闇金はSNSから個人情報を入手する

では闇金はどこから利用者の交友関係を入手するのでしょうか?

冒頭でも紹介したように、その答えはSNSです。

闇金はTwitterやLINE、Facebookを利用して、利用者周辺の情報を調べ上げるのです。

特にFacebookは交友関係や勤務先など個人情報の宝庫です。

Facebookの友達リストさえ入手できれば、簡単に交友関係を知ることができるのです。

なお、これはフェイスブックに限った話ではありません。
どんなSNSでも個人情報が漏れるリスクは存在するのです。

2.闇金はFacebookをどう利用するの?

闇金はFacebookをどう利用するの?

この見出しのテーマ
  1. Facebookでは利用者の名前が簡単に分かる
  2. プライバシー設定を変えれば個人情報を守れる

Facebookで利用者の名前を調べる

闇金と契約する際に利用者は自分の名前をフルネームで伝えるはずです。
Facebookで悪用されてしまう理由はここにあります。

闇金は契約の際に入手した名前をFacebook内で検索します。
すると、あなたの本名で登録されたアカウントがいとも簡単に見つかります。

ここでFacebookのプライバシー設定を「全員に公開」にしているあなたは要注意です。
この設定だと闇金を含めたあらゆる人が、あなたのFacebookの個人情報にアクセスできてしまうからです。

一方、プライバシー設定を「友達のみ公開」にしておけば、知らない人に見られることはありません。

プライバシー設定だけでは安心できない

「友達にしか公開していないからわたしは大丈夫!」

いえ、仮に闇金から個人情報を見られていないとしても、油断はできません。
闇金はFacebookを使って、あなたと距離を縮めてきます。

まず闇金はあなたの投稿にたくさん「いいね!」を押すことで、あなたに接近してきます。
そしてタイミングを見計らって、あなたに友達申請をしてくるのです。

深く考えずに友達申請を許可してしまうと、まんまと闇金の罠にハマってしまうことになります。

あなたの「友達」となった闇金は、あなたのアカウントにある勤務先や学歴、さらに友達リストまでくまなく調べ上げます

こうして闇金は、脅しのネタとなる個人情報や交友関係を手に入れることができるのです。

3.闇金は交友関係ネタでどう脅してくるの?

闇金は交友関係情報でどう脅してくるの

この見出しのテーマ
  1. 交友関係をネタに脅す闇金
  2. SNSの拡散をネタに脅す闇金

闇金から交友関係をネタに脅されたケース

次の被害事例をご覧ください。

会社員であるAさんは、返済が2日遅れてしまいました。
すると、闇金から電話で連絡があり
「もし返済できないなら、会社の取引先の〇〇に返してもらうことにするからな」
「〇〇に取り立てて欲しくなかったら、明日までに10万円払え」
と脅されてしまいました。

Aさんは
「どうして会社の取引先である〇〇さんのことを知っているんだろう?」
と怖くなってしまいました。

支払いは厳しい状態でしたが
「取引先に迷惑が掛かってしまうと、会社をクビになるかもしれない」
怖くなったAさんは、父親に頼み込んでお金を借り、なんとか返済したそうです。

この事例のように周囲の人への嫌がらせを脅しのネタにして、本人からお金を回収する
闇金がよくやる手口のひとつです。

”SNSで拡散する”と脅してくる闇金も

その他の被害事例として
「お前が闇金から借金しているという事実をFacebookに投稿するぞ!」
と脅されるケースも非常に多いです。

もしFacebookで拡散されれば、あなたの多くの知り合いへあっという間に知れ渡ってしまうでしょう。

利用者の精神的なダメージは相当大きいものでしょう。

あなたがフェイスブックを利用していなかったとしても油断はできません。
闇金が個人情報を拡散できるプラットフォームはツイッターやインスタグラム、インターネット上の掲示板などたくさんあります。

個人情報をにぎられているということはそれほど危険なのです。

4.闇金に交友関係を知られないようにするには

闇金に交友関係を知られないためには

この見出しのテーマ
  1. Facebookの設定を変更しよう
  2. アカウントを消してしまおう?

Facebookの設定を変更する

Facebookのプライバシー設定を「全員に公開」にしているなら、今すぐ「友達のみ」などの一部の人だけしか見ることができない状態にしてください。

また「いいね!」をたくさん押されても友達申請を許可しないようにしましょう。

もし過去に友達申請を許可した人の中で怪しい人がいるなら、制限リストに追加した方が安心です。

友人が利用者の場合

「自分は闇金を利用していないから関係ない」
そんなことはありません。

あなたの友人が闇金を利用していてフェイスブックのプライバシー設定が「全員に公開」になっている場合、あなたが友人の代わりに取り立てを迫られる危険があります。

自分が闇金を利用していなかったとしても、友人が利用していたとしたら決して油断はできないのです。

理想を言えば、闇金もフェイスブックも利用しないのが一番です。

5.すでに闇金から交友関係をネタに脅されている場合、誰に相談したらいいの?

すでに闇金から交友関係をネタに脅されている場合、誰に相談したら良いの

この見出しのテーマ
  1. 闇金の脅しには慎重に対処しよう
  2. 闇金問題は弁護士に相談しよう

Facebookの交友関係をネタにして闇金が脅してくる場合、さらに慎重な対応が求められます。

なぜなら闇金はあなたの交友関係というデリケートな情報を握っているからです。

何も考えずに相手を刺激してしまうと、闇金が報復に動く可能性もあります

闇金問題は実績豊富な弁護士に相談しよう

個人情報をネタの脅してくる闇金トラブルはSNSを利用した闇金に詳しい弁護士へ相談することをオススメします。

闇金の取り立てによって暴行や傷害の被害を受けている人は警察に相談しても大丈夫でしょう。

闇金を得意とする弁護士であれば、あなたの交友関係が壊される前に、闇金の取り立てや嫌がらせを止めてくれるでしょう。

まとめ:Facebookの闇金に注意!

まとめ

  • 闇金はFacebookから利用者の個人情報を手に入れる
  • Facebookのプライバシー設定が「全員に公開」の状態は非常に危険
  • Facebookでの心当たりのない友達申請は許可してはいけない
  • 交友関係をネタに脅されたら、闇金解決の実績が豊富な弁護士に相談すべし

今回はFacebookの個人情報をネタに脅してくる闇金についてご紹介しました。
特殊な闇金の対応には、豊富な経験に基づく専門家の慎重な対応が必要です。

シン・イストワール 法律弁護士事務所はこれまで数々の闇金問題を解決してきました。
その中には、SNSで入手した情報をネタに脅してくるタイプの闇金も少なくありません。

電話、メールでのご相談を無料で受け付けています。
また、弁護士費用の後払い・分割払いが可能です。
闇金によって交友関係が壊れてしまう前に、私たちにご相談ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。