闇金に返済できない方必見!【闇金に1円も払わなくていい方法がある?!】

この記事は 4 で読めます

シン・イストワール法律事務所
監修記事

闇金に返済できないあなたが知っておきたい3つの知識

「闇金への返済がどうにも間に合わない…」

そんな状況になって、頭を抱えていませんか?
返済できないとなれば、闇金から何をされるか分かりません。

しかし実は、闇金から借りたお金に返済の必要はありません

この記事では、闇金に返済できない状況でどう行動すべきかを解説していきます。
すぐにでも行動して、スピーディーに闇金問題を解決しましょう

脅されていても、
まずは弁護士へ無料相談を!

弁護士に相談したらタダじゃすまないぞ!」
と闇金から言われても、安心してご相談ください。
私たちが、あなたを闇金から全力で守ります

\ 受付は9:00~21:00 /

1.闇金に返済できないとどうなる…?

返済できないままだと迎える状況

無限にふくらむ返済額

闇金に返済ができないまま時間がたつと、利息などの返済金額はどんどん大きくなります
相手が闇金となれば、なにかと手数料なども要求されるため、さらに返済は厳しくなるでしょう。

実際に借金の返済額が、最初に借りたときの何十倍にも増えてしまったケースもあります。

過激になる取り立て

返済ができないとなれば、闇金の取り立ても激しくなります。

よくある手口は、昼夜を問わない取り立て電話です
1日に100件以上の電話がかかってきて、日常生活に支障がでるケースも多いです。

また電話に出ても脅迫されたりし、精神的にもつらい状況となります。

電話以外に、直接家に来て取り立てされることもあります。
闇金は昼夜関係なくインターホンを鳴らして、家の前で待っているのです。

なかには、利用者が家から出てきたところを連れ去って、暴力をふるう業者もいます。
しつこい取り立ての結果、大家さんからアパートをを追い出されてしまった人も珍しくありません。

闇金は、利用者を精神的に追い込むことでお金をしぼり取るのです

闇金から簡単には逃げられない

闇金からの厳しい取り立てに対し、利用者が我慢できずに逃げてしまうこともあります。

しかし闇金を利用する人には、そもそも資金がありません。
遠出することもできず、結局は闇金の広いネットワークによって、すぐに見つかってしまうのです。

また取り立てのターゲットになるのは、借金をしている本人だけではありません
闇金は、利用者の家族や職場にも借金の肩代わりを要求します

闇金と関わってしまった人に、逃げ場はないのです。

2.闇金へは返済しなくていい?

闇金への返済義務の有無

闇金へお金を支払う必要はない

闇金は、法外な利息でお金を貸しています。
そして法を破って貸されたお金には、返済の義務はありません

こうした融資は、不法原因給付と呼ばれます。
実際に、平成20年には最高裁において闇金からの借金は返済義務がないという判決が出ています。

また実は、それまでに支払ってしまったお金についても返還を要求することができます

とはいえ、ただ返済を止めるだけでは危ない!

闇金へ返済をする必要がないということは、明らかな事実です。
しかし、この事実を闇金に伝えたところで闇金がすぐに取り立てを止めるわけではありません

そもそも闇金は、違法であることを分かった上で貸金業をしています。
つまり、素人が法的に対処をしても、闇金も簡単には引き下がりません。

下手に自分一人で闇金と交渉しようとすると、かえって闇金が逆上して取り立てが悪化する可能性もあります。

3.闇金に返済できないとき、頼るべき相手とは?

闇金に返済できないとき、頼るべき相手とは?

もしあなたが闇金からの借金を返済できなくなった場合、一番頼りになるのは弁護士です。

実は闇金は、弁護士のことを恐れています
実際、弁護士が動き出すと、すぐに取り立てから身を引く闇金もいます

闇金業者が恐れているのは、高金利違反無登録営業といった違反行為を指摘されることです。
もしこれらの点で訴訟をされると、闇金も営業を続けられなくなってしまいます。

もしも闇金の借金が返済できずに悩んでいるのであれば、まずは弁護士に相談するのがいいでしょう

警察への相談はどうなの?

ここで、警察に相談するのじゃダメなの?」と考える方もいるでしょう。

警察が闇金問題を解決してくれるケースも、たしかにあります。
しかしこれは、恐喝や暴力などの実害が発生している場合に限ります。

警察には民事不介入の原則というものがあり、実害の証拠がない限りはなかなか動き出せません。

闇金もこの点はよく理解しており、警察が動かない範囲のギリギリで取り立てをしてきます。
したがって警察に相談しても、結局は警察が動けないというケースは少なくありません。

闇金は、警察の対応にも慣れています

警察への相談が必ずしも解決へは直結しない、ということは知っておきましょう。

司法書士や法テラスはどうなの?

弁護士や警察以外に相談ができる場所として、司法書士法テラスなどの窓口もあります。

弁護士司法書士を、ほとんど一緒のものと考えている方も多いでしょう。
この二つのあいだの大きな違いは、債務整理ができる金額です。

債務整理をする場合、借金の額が140万円以下であれば司法書士に相談できますが、140万円以上では弁護士に相談しなければなりません。

もしもあなたが、闇金以外の金融機関からも借金している場合、その借金の合計額によっては司法書士では対応ができません。

闇金の利用者には、多重債務になっている方が多くいます。
弁護士と司法書士のどちらへ相談すべきかは、慎重に判断しましょう。

【注】闇金のお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

続いて相談が可能なのは、法テラスです。

法テラスは公的なサービスで、無料で法律に関する情報が得られます
注意点としては、電話で相談に乗ってくれるオペレーターが弁護士ではないということです。

したがって闇金のことを相談しても、あくまで知識を得たり、弁護士を紹介してもらうだけで終わってしまいます。

今の時代、ネットを使えば弁護士を自分で探すことができます
一方で法テラスへの相談では、解決へ動くまでにどうしても時間がかかります

自分で弁護士を探したほうが、短時間での解決が期待できるでしょう。

まとめ

まとめ

  • 闇金へお金を返す必要は一切ない
  • 相談するなら、弁護士が一番スムーズ
  • 闇金対応に慣れた弁護士に解決を依頼すべき

闇金の借金返済でお悩みの場合、自分一人で処理しようとするのはおすすめしません。
専門家の力を借りることがとても重要です。

闇金はよく、利用者を怖がらせて第三者への相談をさせてくれません
しかし、それらの脅しに屈してはいけません

シン・イストワール法律事務では、闇金問題に関する相談を無料で受け付けています。

また、弁護士費用の分割払いや後払いにも対応しています。
闇金対応の実績も豊富ですので、お気軽にご連絡ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。